ソニー、「VAIO」2010年秋モデル、再生プラスチック製のSシリーズなど

ニュース

2010/09/28 16:53

 ソニーは、パソコン「VAIO」の2010年秋モデルとして、ノートPC「Sシリーズ/Fシリーズ/Eシリーズ/Zシリーズ」の計4シリーズを10月9日に発売する。店頭販売する標準仕様モデルのほか、「ソニースタイル」と提携店では、カスタマイズが可能なVAIOオーナーメードモデル/法人向けカスタマイズモデルを販売する。標準仕様モデルの価格はすべてオープン。

 「Sシリーズ」は、13.3型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC。外装のプラスチック部品の約85%に再生プラスチック材料を使用し、環境に配慮した。標準仕様モデルのカラーは、ブラック(VPCS139FJ/B)、シルバー(VPCS139FJ/S)、ピンク(VPCS139FJ/P)の3色で、ブラックの天板には粉体塗装を施している。実勢価格は14万円前後の見込み。

VAIO Sシリーズ(ブラック、シルバー、ピンク)

 「Fシリーズ」は、解像度1920×1080の16.4型ワイド液晶を搭載したAVノートPC。高速データ転送ができるUSB3.0端子を装備する。実勢価格は、地上デジタルチューナー2基、Adobe RGBカバー率100%の「VAIOディスプレイプレミアム」を搭載した上位モデル「VPCF139FJ/BI」が25万円前後、「VPCF138FJ/B」が18万円前後の見込み。

 「Eシリーズ」は、15.5型ワイド液晶を搭載したスタンダードノートPC。旧モデルからCPUの性能を向上させた。標準仕様モデルは、CPUや光学ドライブの違いによって4モデルをラインアップする。実勢価格は、ブルーレイディスクドライブを搭載した「VPCEB39FJ/W・B・P・L」が16万円前後、DVDスーパーマルチドライブを搭載した「VPCEB38FJ/W・B・P・L」が14万円前後、「VPCEB37FJ/WI」が12万円前後、「VPCEE36FJ/WI」が11万円前後の見込み。 

 

VAIO Eシリーズ(グリーン・マットピンク・バイオレットはVAIOオーナーメードモデル)

 「Zシリーズ」の「VPCZ139FJ/S」は、13.3型ワイド液晶を搭載した高性能モバイルノートPC。実勢価格は24万円前後の見込み。

 VAIOオーナーメードモデル/法人向けカスタマイズモデルは、シリーズごとに限定カラーを用意するなど、豊富なカラーバリエーションを用意する。10月15日までの期間限定で、特定のカスタマイズパーツを通常より安く購入できる「新商品スタートキャンペーン」を実施する。

オススメの記事