エプソン、薄さを追求した法人向けプロジェクター「Offirio」など、家庭用も

ニュース

2010/09/16 18:02

 セイコーエプソンは、9月16日、プロジェクターの新製品として、オフィス向けの「Offirio(オフィリオ)」10モデルと、家庭向けの「dreamio(ドリーミオ)」3モデルを、10月中旬から順次発売すると発表した。価格はオープン。

高さ44mmの薄型・軽量プロジェクターなど――オフィス向け「Offirio」



 オフィス向けプロジェクター「Offirio」のラインアップは、モバイルタイプが4モデル、スタンダードタイプが3モデル、常設モデルが3モデル。

 モバイルタイプの「EB-1775W」「EB-1770W」「EB-1760W」「EB-1750」は、薄さと軽さを追求した。投影方式に3LCD方式を採用したプロジェクターとして、世界最薄を実現。高さ44mm、重さ約1.7kgと、ビジネスバッグに入れてもじゃまにならない。短焦点レンズを採用し、本体とスクリーンの距離が短くても大画面を投影できる。

EB-1775W、EB-1770W、EB-1760W、EB-1750

 ボタンを押せば、フォーカス、ズーム、台型補正などをすばやく調整する「かんたんセットアップ」機能を搭載。主な仕様は、「EB-1775W」「EB-1770W」は輝度が3000ルーメン、「EB-1760W」「EB-1750」は2600ルーメン。コントラスト比はすべて2000対1。サイズは幅292×奥行き210×高さ44mm。カラーはホワイト。発売は10月下旬。

EB-W10、EB-X10、EB-S10

 スタンダードタイプの「EB-W10」「EB-X10」「EB-S10」は、輝度2600ルーメンを実現した。入力信号は、「EB-W10」がWXGA、「EB-X10」がXGA、「EB-S10」がSVGAに対応している。主な仕様は、投影方式は3LCD方式、コントラスト比は2000対1。サイズは幅295×奥行き228×高さ77mm、重さは約2.3kg。発売は10月中旬。

EB-G5950、EB-G5650W、EB-G5600

 常設タイプ「EB-G5950」「EB-G5650W」「EB-G5600」は、新開発の液晶パネル「C2FINE」を搭載し、明るさとコントラストを高めて画質を追求。ホームシアター向けプロジェクターで採用している光学部品や色再現性を高める技術を盛り込んでいる。複数のPCで使うことを想定し、豊富なコネクタ類を備える。PCと無線LANで接続したとき、PCは最大16台までつなぐことができる。スクリーンには、PC画面を最大4分割で表示する。

新開発の液晶パネル「C2FINE」

 主な仕様は、投影方式が3LCD方式、輝度は「EB-G5950」が5200ルーメン、「EB-G5650W」「EB-G5600」が4500ルーメン。コントラスト比は、「EB-G5950」「EB-G5650W」が2000対1、「EB-G5600」が1000対1。サイズは幅470×奥行き312×高さ135mm、重さは「EB-G5950」「EB-G5650W」が約6.8kg、「EB-G5600」は約6.7kg。カラーはホワイト。発売は11月下旬。

 このほか、教育市場向けに書画カメラ「ELPDC11」を10月中旬に発売する。約500万画素のCMOSセンサを搭載。書類などの平面のほか、立体物も鮮明に映し出すことができる。PC経由でプロジェクターとつなげば、大画面で映像を投影できる。

ELPDC11

 実勢価格は、「EB-1775W」が17万円台後半、「EB-1770W」が15万円台後半、「EB-1760W」が12万円台後半、「EB-1750」が9万円台後半、「EB-W10」が8万円台後半、「EB-X10」が7万円台後半、「EB-S10」が4万円台後半、「EB-G5950」と「EB-G5650W」が53万円前後、「EB-G5600」が41万円前後、「ELPDC11」は6万円台後半の見込み。

フルHD対応、ホームシアター用の上級機――家庭向け「dreamio」



 ホームシアター向けの家庭向けプロジェクター「dreamio」のラインアップは、高精細なフルハイビジョン(フルHD)映像が表示できる3モデル。

EH-R4000

 上位モデル「EH-R4000」と中位モデル「EH-R1000」には、投影方式として独自に開発した反射型液晶パネルを搭載した「3LCD Reflective方式」を採用。自然な色再現を実現した。「EH-R4000」のコントラスト比はダイナミックモードのとき10万対1となり、奥行き感のある映像を再現する。「EH-R1000」のコントラスト比は50万対1。

EH-R1000

 「EH-R4000」「EH-R1000」の輝度は1200ルーメン。サイズはともに、幅440×奥行き405×高さ185mm、重さは約9kg。「EH-R4000」はカラーはブラックで、「EH-R1000」はホワイト。発売はともに11月下旬。また、下位モデル「EH-TW3600」には、投影方式として3LCD方式を採用している。輝度は2000ルーメン、コントラスト比は50000対1。サイズは幅450×奥行き360×高さ136mm、重さは約7.3kg。カラーはホワイト。発売は10月下旬。

EH-TW3600

 実勢価格は、「EH-R4000」が65万円前後、「EH-R1000」が50万円前後、「EH-TW3600」が25万円前後の見込み。

エプソン販売の中野修義 取締役販売推進本部長

 エプソン販売の中野修義 取締役販売推進本部長は、「Offirioは『ビジネス・ユーザビリティ』をコンセプトとし、“明るさ・価格・サイズ”を継続して追求してきた。その結果、2009年度は国内の販売台数で過去最高を記録した。今回のオフィス向け、ホーム向けの新製品の投入によって、2010年は販売台数でおよそ9万4000台、シェア50%の獲得を目指す」と抱負を述べた。

オススメの記事