キヤノン、デジカメ「PowerShot」新製品、上級者向け「G12」と35倍ズーム「SX30」

ニュース

2010/09/16 12:37

 キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」の新製品として、モニタ角度を変えられるバリアングル液晶を搭載した2モデルを、10月上旬に発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、上級者向けの「PowerShot G12」が6万円前後、光学35倍ズームの「PowerShot SX30 IS」が5万5000円前後の見込み。

PowerShot G12

 「PowerShot G12」は、有効約1000万画素のCCDと映像エンジン「DIGIC 4」を組み合わせた「HS SYSTEM」を採用した上級者向けモデル。夜景や室内などの暗いシーンの撮影に強い。焦点距離が28-140mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学5倍ズームレンズを搭載する。最短1cmまで被写体に近づいたマクロ撮影ができる。

 グリップ部に、デジタル一眼カメラのEOSシリーズと同じ操作性をもつ電子ダイヤルを装備。撮影シーンに応じて各種設定を直感的に変更できるほか、好みの機能を割り当てることもできる。バリアングル式の2.8型モニタを備え、ハイ・ローアングルでの撮影がしやすい。

 動画撮影は1280×720画素(24フレーム/秒)のハイビジョン(HD)画質に対応する。記録フォーマットは、静止画がJPEGとRAW、動画がMOV。サイズは幅112.1×高さ76.2×奥行き48.3mm、重さは約401g。カラーはブラック。

PowerShot SX30 IS

 「PowerShot SX30 IS」は、焦点距離24-840mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学35倍ズームレンズを搭載する超高倍率ズームモデル。高い倍率の望遠領域で発生しやすい色収差を補正する「Hi-UD(Hi-index UD)レンズ」や「UDレンズ」を採用している。撮像素子は有効約1410万画素のCCD、映像エンジンには「DIGIC 4」を搭載する。モニタは2.7型のバリアングル式液晶を備える。

 1280×720画素(30フレーム/秒)のHD画質の動画を撮ることができる。「青空」「夕景」「スポットライト」などの撮影シーンを自動で判別して、最適なピントや露出に調整する「こだわりムービー」機能を備える。記録フォーマットは、静止画がJPEG、動画がMOV。サイズは幅122.9×高さ92.4×奥行き107.7mm、重さは約601g。カラーはブラック。

オススメの記事