ブラザー販売、展示会でプリンタが勢揃い、メガネ型ディスプレイも披露

ニュース

2010/09/15 18:44

 ブラザー販売(片山俊介社長)は、9月15日、新製品の総合展示会「Brother World JAPAN 2010」を東京国際フォーラムで開催した。主力事業の家庭向け・オフィス向けプリンタのほか、ラベルプリンタをはじめとした業務用機器、メガネ型網膜走査ディスプレイ「AiRScouter(エアスカウター)」などの新規事業の取り組みを、実機を展示しながら紹介した。

 多くの来場者を集めていたのは、プリンタコーナー。家庭向けのインクジェット複合機「マイミーオ」は、9月下旬から、コードレス子機付き複合機8機種、ファクス付き複合機1機種、複合機2機種を発売。また、オフィス向けのレーザープリンタ「ジャスティオ」は、11月下旬にA4モノクロ対応2機種を発売する。会場では、これらの新製品を中心にラインアップしていた。 

配線がすっきりするインクジェット複合機「マイミーオフリー」

 「マイミーオ」では、無線ファクス機能付きの「マイミーオフリー」の利便性をスタッフがアピール。付属の通信ボックスに電話回線をつなぐことで、配線に悩むことなく、リビングの棚や書斎のデスクにプリンタ本体を置くことができる点を強調していた。また、「ジャスティオ」では、プリンタとしての基本性能の訴求に加え、アパレルやレストランなどの店舗に設置したイメージを展示し、省スペース性をうたっていた。 

「ジャスティオ」のコーナーでは基本性能の高さを訴求

 業務向け機器として、電子ペーパーを表示できる9.7型画面搭載のドキュメントビューワ「SV-100B」も登場。携帯電話やPDAの文書をBluetoothで転送して拡大したり、業務用マニュアルを保存して表示したり、といった使い方ができる。さらに、例えば営業が外出先で見積書や受領書を印刷するモバイルプリンタとして、A4サイズの「PJ-560」「PJ-520」、A6サイズの「MW-260」、A7サイズの「MW-145BT」なども紹介していた。 

電子ペーパー「SV-100B」とモバイルプリンタ3モデル

 新規事業の一つ、メガネ型網膜走査ディスプレイ「AiRScouter」を体感することもできた。「AiRScouter」は、通常のメガネに専用のユニットを取り付けることで、視界を遮ることなく、ユニットが出力した小画面を見ることができるもの。製造工場や保守点検の作業指示を遠隔で行うなどの利用を想定している。ディスプレイを装着した作業者は、PCの前など特定の場所にいなくても作業指示を受けることができ、業務の効率化につながる。 

AiRScouter

 ブラザー販売は、ソフト開発でNECと協力することで、2010年度中に「AiRScouter」の製品化を見込む。また、今後、この技術をコンシューマ向けゲーム機にも応用していく方針だ。

オススメの記事