NEC、デスクトップPC「VALUESTAR」秋冬モデル、3D対応モデルを拡充

ニュース

2010/09/13 11:08

 NECは、デスクトップPCの2010年秋冬モデルとして、3Dの静止画や動画が楽しめる3D対応モデルを拡充したほか、一部のモデルのスピーカーをグレードアップして音質を向上した「VALUESTAR」3シリーズを、9月中旬に発売する。価格はオープン。

ダブルチューナー搭載の液晶一体型AVパソコン――VALUESTAR W



 「VALUESTAR W」シリーズは、IPS液晶の23型ワイドディスプレイを一体化したAVパソコン。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各2基搭載するのに加え、NTTぷららの映像配信サービス「ひかりTV」に対応する。ヤマハのサウンドシステムを採用した3W×2のスピーカー、6Wのウーファーを搭載した2.1chステレオスピーカーを装備。低音を加えた深みのある高音質で映像が楽しめる。

VW970/CS

 ラインアップは、3D映像が表示できる「VW970/CS」と、3D非対応の「VW770/CS」の2モデル。共通の仕様として、CPUにCore i5 460M(2.53GHz)、4GBのメモリを装備する。USB規格はUSB3.0に対応する。OSはWindows 7 Home Premium 64ビットで、Microsoft Office Home and Business 2010をプリインストールする。「Fanctional & High-Grade Design」をコンセプトに、スピーカーを強調した高級感溢れる外観に仕上げた。

VW770/CS

 「VW970/CS」は、偏向板方式の3D映像が表示でき、専用メガネが1本付属する。主な仕様は、約1.5TBのHDDのほか、ブルーレイ3D対応のBDドライブを搭載する。また、コネクタとして、HDMI端子、D端子を備える。一方、「VW770/CS」の主な仕様は、約1TBのHDD、BDドライブ。

 実勢価格は、「VW970/CS」が26万円前後、「VW770/CS」が22万円前後の見込み。カラーは、「VW970/CS」がファインブラックのみで、「VW770/CS」クランベリーレッド、ハニーホワイト、ファインブラックの3色。

音質を高めたスタンダードな一体型PC――VALUESTAR N



 「VALUESTAR N」シリーズは、20型ワイド液晶搭載のスタンダードな一体型デスクトップPC。ラインアップは、3D表示に対応し、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載する「VN790/CS」、同じく3波対応の「VN770/CS」、地デジチューナーのみの「VN370/CS」の3モデル。

VN790/CS

 3モデルすべてに、ヤマハのサウンドシステムを取り入れた3W×2のステレオスピーカーを搭載し、音質を追求した。デザインコンセプトは「smart」で、スピーカーを強調し、すっきりとしたフォトフレーム風の外観にした。また、4GBのメモリを装備。OSはWindows 7 Home Premium 64ビットで、Microsoft Office Home and Business 2010をプリインストールする。

VN770/CS

 「VN790/CS」は、偏向板方式の3D映像が視聴できるモデル。専用メガネが1本付属する。CPUにはCore i5 460M(2.53GHz)、約1TBのHDD、ブルーレイ3D対応のBDドライブを備える。「VN770/CS」は3D表示に非対応で、CPU、HDDの仕様は「VN790/CS」と同じ。「VN370/CS」は、CPUがCeleron P4600(2GHz)、約500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

VN370/CS

 実勢価格は、「VN790/CS」が22万円前後、「VN770/CS」が20万円前後、「VN370/CS」が15万円5000円前後の見込み。カラーは、「VN790/CS」がファインブラックのみで、「VN770/CS」と「VN370/CS」がクランベリーレッド、ファインホワイト、ファインブラックの3色。

3Dゲームが楽しめるモデルも 分離型デスクトップPC――VALUESTAR L



 「VALUESTAR L」シリーズは、PC本体と、フルHDの23型ワイド液晶ディスプレイが分離したタイプ。ラインアップは、3D映像が楽しめる「VL750/CS」と、3D非対応「VL350/CS」の2モデル。いずれもOSはWindows 7 Home Premium 64ビット、統合ソフト「Microsoft Office Home and Business 2010」が付属するほか、約1TBのHDDを備える。

VL750/CS

 「VL750/CS」は、3Dのプラットフォーム「NVIDIA 3D Vision」に対応し、アクティブシャッター方式で3D映像を表示。3Dゲームを楽しむことができる。光学ドライブにBDドライブを採用。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GT 330を装備する。このほか、USB規格はUSB3.0に対応する。主な仕様は、CPUがCore i7 870(2.93GHz)、メモリが8GB。

 「VL350/CS」の主な仕様は、CPUがCore i5 650(3.20GHz)、メモリが4GB。実勢価格は、「VL750/CS」が28万5000円前後、「VL350/CS」が17万5000円前後の見込み。カラーは2モデルともにホワイト。

VL350/CS

オススメの記事