マイクロフォーサーズシステム規格にコシナが賛同、交換レンズを発売へ

ニュース

2010/08/26 16:40

 オリンパスイメージングは、2008年にパナソニックと共同で発表したマイクロフォーサーズシステム規格にコシナが賛同し、規格に準拠した交換レンズを発売すると発表した。

「マイクロフォーサーズシステム規格」のロゴ

 マイクロフォーサーズシステム規格は、デジタル技術の特性を生かすために設計・開発したデジタル一眼レフカメラのフォーサーズシステム規格を拡張したもの。レンズ交換や高画質などのデジタル一眼レフカメラの特徴を保ちながら、カメラ本体や交換レンズの小型・軽量化を実現した。

 コシナの賛同によって、独自の伝統と最先端の光学技術を持つフォクトレンダーやその他のレンズ群が、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠したカメラで使えるようになる。

 第1弾として、コシナは、マイクロフォーサーズ専用の標準レンズ「NOKTON 25mm F0.95」を10月に発売する予定。税別価格は9万5000円。

オススメの記事