マウスコンピューター、デジタル3波対応の地デジPC、5万円台から

ニュース

2010/08/25 11:52

 マウスコンピューターは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載したスリムタイプのデスクトップPC4機種を発売した。8月24日から、直販サイト、電話通販、ダイレクトショップで販売を開始している。

手軽に地デジが見られる「マイルームモデル

 ウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム(WDLC)が主催する、Watch PC?「パソコンも地デジカ」キャンペーン連携製品として展開している「マイルームモデル」シリーズの新製品。4機種とも、Windows Media Center対応の地上・BS・110度CSデジタルの3波対応デジタルテレビチューナーを搭載し、専用リモコンでWindows Media Centerを操作しながら手軽にデジタル放送を視聴できる。

 最上位モデル「Lm-iS600X-D3B-P24W」は、デスクトップPC本体に、ホワイトLEDバックライトを採用したiiyama 24型ワイド液晶ディスプレイ「PLE2472HD-B1」と外付けスピーカーが付属。その他の3機種は、iiyama 21.5型ワイド液晶ディスプレイ「PLE2208HDS-B2」が付属する。

 価格は、OSにWindows 7 Home Premium 32-bit 正規版を採用し、CPUAMD AthlonII X2 220を搭載したエントリーモデル「Lm-AS400B-D3-P22W」が5万9850円。CPUにインテル Core i3-540を搭載した「Lm-iS600E-D3-P22W」が7万9800円、Core i5-650を搭載し、ブルーレイディスク(BD)ドライブを備えた「Lm-iS600B-D3B-P22W」が9万9750円、Core i7-870とBDドライブを搭載した最上位モデル「Lm-iS600X-D3B-P24W」が11万9700円。Core iシリーズ搭載モデルのOSはWindows 7 Home Premium 64-bit 正規版。

 いずれもBTOに対応しており、CPUのアップグレード、メモリ・HDDの増量・増設、グラフィックカードの追加やアップグレード、大画面液晶ディスプレイへの変更が可能。

オススメの記事