ソニー、高さ約36mmの薄型BDプレーヤー、ディスク読み込み時間を大幅短縮

ニュース

2010/08/03 18:07

 ソニーは、ローディング(ディスク読み込み)時間を従来の約半分に短縮し、本体を大幅に薄型化したブルーレイディスク(BD)/DVDプレーヤー「BDP-S370」を、9月17日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

BDP-S370

 ディスクの挿入から本編再生が始まるまでの読み込み時間を、従来機と比較して約50%短縮。電源を入れるとすぐに立ち上がる「高速起動モード」も搭載。電源オフの状態から約3秒でトレイが開くなど、電源の起動から一貫して高速化を図った。

 幅約430×高さ36×奥行き212mm(突起除く)と、従来機から高さを約35%薄型化。書斎や寝室など限られたスペースでも設置でき、AVラック内でDVDレコーダーの上などに重ね置きする場合でも、すっきり収納することができる。

 再生可能なディスクは、BD-ROM、BD-RE、BD-R、DVDビデオ、DVD-RW/-R/-R DL(2層)など。BD/DVDのほか、USBメモリやHDDに保存したさまざまなフォーマットの動画、音楽、JPEG画像(フォト)を再生できる。また、独自のアルゴリズムにより、すべての映像信号をプログレッシブハイビジョン出力するアップスケール機能を搭載し、DVDソフトなどを高画質化できる。

オススメの記事