パナソニックは、11コマ/秒の高速連写性能をもち、フルハイビジョン(フルHD)動画を撮影できる高倍率ズームデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ100」を8月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万5000円前後の見込み。

LUMIX DMC-FZ100

 パナソニックとして、初めて「νMaicovicon」技術を用いた新開発の1410万画素MOSセンサーを採用。混色がなく効率のよい光伝達と、集光開口の最大化によって、高画質を実現する。

 MOSセンサーを採用したことで、高速連写に対応。レンズ一体型デジタルカメラのメカニカルシャッターで世界最速の最高11コマ/秒の高速連写、5コマ/秒のAF追従連写、また電子シャッターでは最高60コマ/秒の連写撮影ができる。220fpsで撮影できるハイスピード動画撮影機能も搭載する。

 AVCHD規格でのフルHD動画撮影に対応。動画撮影中のズームにも対応する。クリエイティブ動画機能を搭載し、絞り優先AE、シャッター優先AE、マニュアル露出によって、絞りやシャッタースピードなどを自由に設定して撮影できる。音声にはドルビーデジタル方式を採用し、ステレオマイク搭載によって高音質な音声を記録する。

 35mmフィルムカメラ換算で広角25-600mmの光学24倍ズームレンズを搭載。46万ドットの3.0型液晶モニタを備える。約40MBの内蔵メモリを搭載。外部メモリはSD/SDHC/SDXCカードに対応する。電源はリチウムイオンバッテリ。本体サイズは幅124.3×高さ81.2×奥行き95.2mm、重さ約496g。