オリンパスイメージングは、ICレコーダー「Voice-Trek」で、PCのUSB端子に直接差し込めるモデル3機種、初心者にも使いやすいモデル2機種を8月下旬に発売する。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、USB直差しタイプの上位モデル「V-85」が1万5000円前後、中位モデル「V-75」が1万3000円前後、下位モデル「V-65」が1万円前後の見込み。一方、エントリーモデルで、PCと接続できる「VN-8100PC」が7000円前後、見やすい大型ボタンを備える「DP-10」が5000円前後の見込み。

 「V-85」はFMラジオチューナーを備え、ラジオ番組を聞いたり、録音したりできる。記録媒体は容量8GBの内蔵メモリと、外部メモリとしてmicroSDカードに対応する。音声フォーマットとして、サンプリング周波数と量子化ビット数が44.1kHz/16bitのリニアPCM(WAV)とMP3、WMAで録音・再生することができる。このほか、ワイドからズームまで集音する範囲を設定できる「指向性マイクモード」を備える。カラーはブラック、ゴールド。 

Voice-Trek V-85

 「V-75」は、容量4GBの内蔵メモリに加え、microSDカードに対応。「V-85」同様、音声フォーマットWAV、MP3、WMAの録音・再生ができる。カラーはグレー、ブルー、ピンク。また「V-65」は容量2GBの内蔵メモリだけで、カードスロットは非搭載。音声フォーマットはMP3とWMAで、録音・再生に対応する。カラーはライトシルバー。 

Voice-Trek V-75

 3機種ともスライド式のUSB端子を搭載し、ケーブルなしでPCと接続するタイプ。「V-85」「V-75」は、付属のニッケル水素充電池を使えば、PCにつないで本体を充電することもできる。このほか共通の特徴として、現場の環境に適したマイク感度で録音することができる「シーンセレクト機能」を搭載。「口述」「商談」「会議」「講義」の4種類のモードから選べる。サイズは高さ98.5×幅40×奥行き11mm、重さは51g。 

Voice-Trek V-65

 初心者向けの「VN-8100PC」は、PCとUSBで接続できるモデル。1.6型液晶を備え、文字のサイズを大・小から選ぶことができる。録音する場所や状況に合わせて「メモ」「商談」「会議」の三つのモードで、最適なマイク感度を設定をする「録音シーンセレクト機能」を搭載する。

 音声フォーマットはWMAとMP3で、録音・再生に対応する。スピーカーを備える。電源は単4形乾電池2本。サイズは高さ108×幅39×奥行き16.8mm、重さは66g。カラーはブラックとシルバーのツートンカラー。 

(左から)Voice-Trek DP-10、同 VN-8100PC

 「DP-10」もエントリーモデルで、1.78型液晶の大型画面を備えるモデル。スピーカーを搭載し、録音した音声をイヤホンなしではっきり聞くことができる。音声ファイルは日付別に自動でまとめるので、後で簡単に検索できる。

 前面には五つのボタンを装備。再生は三角、停止は四角、録音は丸など、ボタンそれぞれにマークを表示し、ひと目で意味がわかるように配慮している。初めてICレコーダーを使う人でも操作しやすい。録音フォーマットはWMA。1GBの内蔵メモリを備える。電源は単4形乾電池2本。サイズは高さ95×幅50×奥行き18.2mm、重さは78g。カラーはシルバー。