日本HP、PCいらずの“ネットプリンタ”、メール送信やアプリ経由で印刷

ニュース

2010/07/28 20:06

 日本ヒューレット・パッカード日本HP)は、プリンタ本体にメールを送って印刷する「メール de プリント」、さまざまなアプリから好みのコンテンツを選択して印刷する「アプリ de プリント」の機能を搭載したインクジェット複合機「HP Photosmart Wireless B110a」を、8月5日に発売する。直販サイト「HP Directplus」での価格は1万2810円。

 「メール de プリント」「アプリ de プリント」とも、プリンタをPCにつながなくても、本体から直接ネットワークに接続して利用できる印刷機能。日本HPでは「ネットプリンタ」と位置づけている。 

(右から)小出伸一・代表取締役 社長執行役員、挽野元・執行役員 イメージング・プリンティング事業統括

 「メール de プリント」は、プリンタ一つひとつに「×××@hpeprint.com」という個別メールアドレスを割り当て、そこにメールを送れば印刷ができる。メールを送信する端末側にプリントドライバは不要だ。モバイルノートPCスマートフォンからの利用を想定している。メールアドレスは、携帯電話やPCのように@マークよりも前の部分を変更することはできない。 

HP Photosmart Wireless B110a

 「アプリ de プリント」は、本体にインストールしたアプリケーションを経由して、クラウド上にあるコンテンツにアクセスして印刷するもの。アプリは液晶画面のメニューから無料で追加できる。現時点のアプリ提供協力企業は、ウェザーニューズぐるなびクレオなど。例えば、ウェザーニューズでは登録した地点の天気予報を、ぐるなびではクーポンを選択できる。ディズニーのアプリなら、ぬり絵のイラストを印刷することもできる。今後はパートナーを増やし、100前後のアプリを揃える予定。 

液晶画面でアプリを選んで印刷する「アプリ de プリント」

 操作画面は2.4型液晶。画面の左右に備えるタッチパネル式ボタンに触れて、表示するメニューのアイコンを選択する。印刷の解像度は4800dpi、インクは4色の独立インクを採用した。前面には折りたたみ式の給紙トレイを備えるほか、SD/SDHCカード、メモリースティックデュオ、マルチメディアカードに対応するカードスロットと、上部にCIS(Contact Image Sensor)方式のスキャナを。無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応。

 「メール de プリント」「アプリ de プリント」は、ビジネス/コンシューマ向け製品を問わず、今後日本HPが発売するプリンタに搭載していく方針。「HP Photosmart Wireless B110a」はその第1弾となる。今秋には、さらに新製品の発売を予定している。 

小出伸一・代表取締役 社長執行役員

 小出伸一・代表取締役社長執行役員は、新製品発表会の冒頭、「Everything as a Service」をキーワードにしながら、「お客様のビジネスにおける経営課題の解決に貢献できるサービスを提供していく」と経営方針を語り、その具現化一つである新製品の投入を「プリンタの夜明け」とした。 

挽野元・執行役員イメージング・プリンティング事業統括

 挽野元・執行役員イメージング・プリンティング事業統括は、新しい印刷機能について「10年に一度の革新的な技術」と自信をみせた。PCいらずで印刷できる「ネットプリンタ」市場拡大の鍵は、海外・国内でのスマートフォンの普及にあることを指摘。「モバイル端末からの印刷ニーズはある」と強調した。さらに、「今後、新製品の投入によって、3年以内に国内の販売台数シェアで、現状の8%程度を15%にしていく」と目標を掲げ、「クラウド・プリンティングでプリンタ市場を盛り上げていく」と抱負を述べた。

オススメの記事