日本通信は、スマートフォン用のICカード「SIM(シム)カード」として、定額データ通信サービスと音声通話が利用できる「b-mobileSIMシリーズ talkingSIM」を、7月30日に発売する。SIMフリーの端末で使用することができる。

talkingSIM

 SIM(Subscriber Identity Module)カードとは、携帯電話の契約者情報を付与したICカード。新製品の「talkingSIM」は、4月5日に発売した「b-mobileSIMシリーズ U300」に音声通話サービスを追加したもの。

 主なキャリアが提供するスマートフォン用の通信サービスと比較して、低価格でサービスを導入できるのがポイント。サービスエリアはNTTドコモのFOMAネットワークを利用しているので、通信できる範囲が広い。

 初期手数料は3150円。基本使用料は月額3960円で、インターネットが使い放題。通話料金1050円を含む。超過した分の通話料は、30秒ごとに21円。申し込みは日本通信の専用ウェブサイトで受け付けている。