ソフトバンクモバイルは、OSにAndroid 2.1を採用するHTC製スマートフォン「HTC Desire SoftBank X06HTII」を、9月下旬以降に発売する。8月3日に予約受付を開始する予定。これに伴い、7月29日で「HTC Desire SoftBank X06HT」の予約受付を終了する。

デザインテイストは「HTC Desire SoftBank X06HT」を継承(写真は「X06HT」)

 「X06HTII」は、1GHzの高速CPU「Snapdragon」を搭載するAndroidスマートフォン。AndroidマーケットやGmail、Googleマップなど、多彩なGoogleサービスに対応する。なぞるだけで画面の切り替えやスクロール操作ができる光学ジョイスティックを装備。独自のユーザーインタフェース「HTC Sense」を採用し、七つの画面にさまざまなウィジェットやアプリ、メニューのアイコンなどを自在に配置できる。

 800×480ドットの約3.7インチTFT液晶を備える。外部接続機能は、無線LAN IEEE 802.11b/g、Bluetoothを搭載。外部メモリは最大32GBまでのmicroSDHCカードに対応する。本体サイズは幅60×高さ119×厚さ11.9mm、重さ約135g。カラーはブラウン。なお、仕様はすべて予定。

 また、「X06HTII」と「X06HT」でS!メール(MMS)を利用できるようにする専用アプリケーションを、9月中旬以降にAndroidマーケットで無料提供する。