富士フイルム、ピント合わせは0.15秒! コンデジ「FinePix」5モデル発表

ニュース

2010/07/21 20:21

 富士フイルムは、7月21日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix」の新製品として、光学15倍ズームレンズを備える「FinePix F300EXR」や、タッチパネル式液晶モニタを搭載する「FinePix Z800EXR」など5モデルを、8月7日から順次発売すると発表した。価格はオープン。

FinePix F300EXR

 「FinePix F300EXR」は、被写体との距離をすばやく測定する「位相差画素」を撮像素子に組み込んだ上位モデル。0.158秒という高速オートフォーカス(AF)「瞬速フォーカス」を実現している。焦点距離24-360mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学15倍ズームレンズを搭載する。撮像素子は、有効1200万画素の1/2型「スーパーCCDハニカムEXR」。カラーはブラック。実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 「FinePix Z800EXR」は、3.5型ワイドのタッチパネルを搭載する。上にプレビュー、下にサムネイとをそれぞれ分けて画像を表示する「2画面サクサク再生」に対応。日付やシーン別、被写体の顔別で画像を検索することもできる。「FinePix F300EXR」同様、すばやくピントを合わせる「瞬速フォーカス」に対応する。 

FinePix Z800EXR

 撮像素子は有効1200万画素の1/2型スーパーCCDハニカムEXR、焦点距離35-175mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学5倍ズームレンズを搭載する。レンズカバーは前面のパネルを上下に動かすスライド式。カラーはレッド、ゴールド、ピンク、ブラック。実勢価格は3万3000円前後の見込み。

 「FinePix Z80」は、ピンク、ラベンダー、ミント、ブラウンの4色を揃えるポップなデザインのモデル。撮像素子は有効1420万画素の1/2.3型正方画素CCD、焦点距離36-180mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学5倍ズームレンズを備える。レンズカバーはスライド式。実勢価格は2万5000円前後の見込み。 

FinePix Z80

 「FinePix JX280」は、有効1410万画素の1/2.3型正方画素CCD、焦点距離28-140mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学5倍ズームレンズを搭載するエントリーモデル。高速赤外線通信機能「IrSimple/IrSS」を備える。カラーはシャンパンゴールド、ブラック。実勢価格は1万5000円前後の見込み。

 「FinePix S2800HD」は、焦点距離28-504mm相当(35mmフィルムカメラ換算)の光学18倍ズームレンズを搭載する高倍率モデル。有効1400万画素の1/2.3型正方画素CCDを備える。カラーはブラック。実勢価格は3万円前後の見込み。 

FinePix JX280

 5モデルとも、「フォトブックアシスト機能」を搭載。撮影した写真を収めて冊子にする「フォトブック」にしやすいよう、日付やシーン、被写体の顔別グルーピングできる。

 コンパクトデジタルカメラ市場は、10年上半期、販売台数・金額ともに好調に推移している。こうした動きについて、コンシューマ営業本部の四宮啓司本部長は、「中級機から上位機については買替え需要で売れている。これが、市場が好転した一番大きな要因だ」と分析する。

 ただ、一方で「18歳程度までの若者と中高年層では、機能を抑えたエントリーモデルが人気を集めている。また、最近では、機能の異なる2台のコンパクトデジカメをもつユーザーもいる」とニーズの多様化を指摘。そのうえで、「ユーザーが求めているカメラの用途を的確に捉え、それに応じた製品を投入していく必要がある」と今後の方向性を述べた。

FinePix S2800HD

オススメの記事