レノボ・ジャパン(ロードリック・ラピン社長)は、デスクトップPCの新製品として、21.5型ワイド液晶一体型「IdeaCentre A310」を発売する。価格はオープン。Microsoft Office Personal 2010のない「40731CJ」は7月17日、プリインストールの「40731QJ」は7月下旬の発売予定。

IdeaCentre A310

 21.5型ワイドフルハイビジョン(HD)液晶ディスプレイとパソコン一体型のオールインワンモデル。各種接続端子を本体下部に纏めることで、ディスプレイ部の奥行きをスリムにした。LEDバックライト液晶ディスプレイは光沢タイプ。光学ドライブは、付属の外付けDVDスーパー・マルチドライブをUSBで接続して利用する。

 CPUにCore i3-350M(2.26GHz)、インテルHDグラフィックス、OSにWindows 7 Home Premium(64bit)版を搭載。7種類のメモリカードに対応するカードリーダー、USB2.0ポート×4基、30万画素のウェブカメラなどを備える。プリインストールのウェブカメラ操作ソフト「YouCamバージョン3」で、映像を高解像度で録画して保存できる。

 本体サイズは幅524×高さ396×スタンド部奥行き207mmで、ディスプレイ部の奥行きは18.5mm。重さは約7.2kg。カラーはパールホワイト。Bluetooth接続のキーボードとマウスが付属する。

 ラインアップと実勢価格は、2GBメモリでHDD容量320GBの「40731CJ」が10万9000円前後、3GBメモリで500GBのHDDとMicrosoft Office Personal 2010をプリインストールする「40731QJ」が12万9000円前後の見込み。