バンダイは6月15日、ガンダムのプラモデル「ガンプラ」30周年を記念し、全日本空輸(ANA)と創通、サンライズとのコラボレーション企画として、「ANA×GUNDAM SKY PROJECT」を実施すると発表した。

「ANA×GUNDAM JET」の機体デザイン
(上から、「ANA×GUNDAM JET」のロゴマークとガンダムの頭部をデザインした左舷イメージ、ホワイトベースに格納された状態をイメージし、実物大のガンダムをデザインした右舷イメージ)
(C)創通・サンライズ

 プロジェクトでは、ANAのジャンボジェット機(ボーイング777-300型)の機体側面に『機動戦士ガンダム』のデザインを施した「ANA×GUNDAM JET」を就航。また、ANAグループ運行便でANAオリジナルカラーの限定「ガンプラ」2種を販売するほか、各種イベントやキャンペーンなどを展開していく。

 「ANA×GUNDAM JET」の初便は、2010年7月16日のANA25便(羽田-大阪)。就航期間は、同日から2011年3月末までの予定で、羽田-大阪(伊丹)間をはじめ、国内の複数の路線を運行する。なお、就航初便のANA25便に搭乗した人には、「“ANA×GUNDAM JET”オリジナル搭乗証明書」(仮称)を発行する。また当日は、羽田空港で就航記念イベントを実施する予定。詳細は決まり次第、「ANA SKY WEB」「ANAモバイルサイト」内の特設ページ「ANAガンダムスペシャルサイト」などで告知する。

「HG 1/144 ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」と、「ANA×GUNDAM SKY PROJECT」のロゴ
(C)創通・サンライズ

 ANAオリジナルカラーの限定「ガンプラ」の価格は、「HG 1/144 ガンダム G30th ANAオリジナルカラーVer.」が送料込みで3000円(国内線のみ)、「1/48 メガサイズモデル ガンダム ANAオリジナルカラーVer.」が同8500円。国内線は購入希望者に、機内で専用申し込みハガキを1人1枚渡す。国際線は機内で代金決済を行い、後日指定場所に配送する「ANA SKY Delivery」サービスで販売する。