NECとNECアクセステクニカは、IEEE802.11n/11b/11g無線LAN機能を内蔵し、WiMAXサービスに対応したホームWiMAXルータ「AtermWM3400RN」を、7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

AtermWM3400RN

 「AtermWM3400RN」は、DSL回線並みの下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsの高速通信が可能なWiMAXサービスを、宅内でブロードバンド回線として使用することを想定したホームWiMAXルータ。

 無線LAN機能に加え、有線LANポートを内蔵しているので、WiMAXサービスを1回線契約するだけで、パソコンやネットワーク対応テレビ、ゲーム機など、複数の機器をワイヤレスまたは有線でインターネットに接続することができる。無線の場合、回線側も宅内側も、ケーブルを接続することなく利用できる。

 購入後にオンライン上でWiMAXサービスの回線契約ができるので、回線用モデムなどの機材の用意や回線工事は不要。WiMAXの通信状態は本体のLEDランプで確認できる。サイズは幅約67×奥行き35×高さ94mmとコンパクトで、壁掛け利用も可能。重さは約140g。