パナソニックは、タッチパネル液晶を搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX FX70」を6月18日に発売する。価格はオープン。実勢価格は3万5000円前後の見込み。

LUMIX FX70

 ディスプレイに3型のタッチパネル液晶を採用。指で触れるだけで、シャッターや撮影メニュー、露出補正、フラッシュ設定、セルフタイマー設定、連写設定を操作できる。

 動画規格「AVCHD Lite」に対応し、1280×720画素のハイビジョンで動画撮影ができる。QuickTime Motion JPEG方式での動画も撮影可能。

 写真、動画撮影とも、タッチパネルに対応。画面上のピントを合わせたい場所をタッチするオートフォーカスエリアの移動や、被写体を追いかけてピントを合わせ続ける追尾AF、メニュー操作、露出補正などの設定ができる。

 光学式手ブレ補正「POWER O.I.S.」に加え、新たに暗い場所で自動的にISO感度とシャッタースピードを上げて被写体ブレを抑える「ブレピタモード」を搭載。独自のフルオート機能「おまかせiA」との組み合わせで、手ブレ・被写体ブレを抑えた高画質の写真が撮影できる。

 有効1410万画素のCCDと、新開発の24-120mm(35mmフィルム換算)光学5倍ズームレンズを搭載。記録媒体はSDXC/SDHC/SDメモリカードに対応し、約40MBの内蔵メモリを搭載する。電源はリチウムイオン充電池。サイズは幅102.5×高さ55.0×奥行き22.8mm、重さは約144g。カラーはフローラルブルー、エスプリブラック、リュクスゴールド、エッセンシャルピンク、プレシャスシルバー。