ダイキン工業、美肌推進プロジェクト第2弾、男性も肌に気を配ろう!

ニュース

2010/05/21 12:35

 ダイキン工業は、加湿などを通じて美肌づくりをサポートする「<a href="http://ameblo.jp/daikin/
">うるるとさらら美肌推進プロジェクト</a>」の第2弾を5月18日から開始した。

「うるるとさらら美肌推進プロジェクト2010」キャンペーンサイト

 同社は、エアコンの空調技術で季節ごとに温度・湿度・気流をコントロールし、年間を通じて肌に最適な空気環境を整えることを「部屋トリートメント」と名付け、推奨している。

 2009年5月に開始した「うるるとさらら美肌推進プロジェクト」第1弾では、モデルの仁香(にか)さんをリーダーとする女性ユニット「ぴ肌セレブ」を結成し、主に女性をターゲットに、ウェブサイトやブログ、イベントなどを通じて「部屋トリートメント」の普及活動を行ってきた。

 第2弾の今回は、男性にも「部屋トリートメント」を浸透させるため、俳優・大東俊介さんを「ぴ肌セレブ」のリーダーに迎え、昨年に引き続きメンバーを務める人気読者モデル、木本泉さん・史子さんと杉浦よしのさんの3名とウェブで募集する新メンバーとともに、新ユニットを結成して活動する。

 プロジェクト活動の一環として、ブログメディア「Ameba」とタイアップし、6月4日にAmebaが開催するイベント「キレイを応援するBeautyProject AmebaGGメンバーズ 1st Anniversary」で、新生「ぴ肌セレブ」によるトークショーや「ぴ肌セレブ」新メンバーの発表会などを行う。

 「ぴ肌セレブ」メンバーの読者モデル3名は、ダイキン工業製のルームエアコン「うるるとさらら」を実生活で1年間使用し、ブログ上で「空気と美肌の関連」について体験者の声を発信する。

 プロジェクトの開始に先立ち、インターネット上で10代~60代の男女ブロガー1万2261人を対象に「空気と美肌に関する調査」を行ったところ、男女の美肌に対する意識には大きな差があるとわかった。

 「異性の肌が気になる」と回答した割合は女性72%、男性73%で、男女差はほとんどない。しかし、自身について「肌の手入れを行っている」と回答した男性は22%にとどまり、「美肌維持のために実践していることはあるか」という質問に対して「はい」と回答した男性はわずか9%だった。

 女性は、64%が「肌の手入れを行っている」と回答。実際に行っている工夫として「乾燥に気をつける(加湿器、化粧水、乳液など)」「顔を洗った直後に化粧水」「数分後に保湿クリーム(全身)」「同様にボディクリームなどで保湿を中心にケアをする」などの回答があった。アンケート結果の詳細は、ウェブサイトで公開している。

オススメの記事