日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、2009年5月15日から実施してきたノートPCの自主回収プログラムで、対象機種の追加を発表した。対象機種のバッテリパックを全品回収し、無償で交換する。

 回収対象となるのは2007年8月-2008年5月の間に製造されたノートPCの一部に搭載されているバッテリ。日本未発売の21機種を含めたノートPCの計39機種に付属するバッテリパックが該当し、過熱、変形、発火などの現象が発生する場合がある。日本で約5500個が対象になる。具体的な機種は以下の通り。

●新たに追加された機種
HP Compaq 6510b Notebook PC
HP Compaq 6515b Notebook PC
HP Compaq 6710b Notebook PC
HP Compaq 6715s Notebook PC
HP Compaq 6710s Notebook PC(日本未発売)
HP Compaq 6715b Notebook PC(日本未発売)
HP Pavilion Notebook PC dv2705
HP Pavilion Notebook PC dv2800
HP Pavilion Notebook PC dv2805
HP Pavilion Notebook PC dv6800

●今回新たに日本でも回収対象となる機種
HP Pavilion Notebook PC dv6700
HP Pavilion Notebook PC dv9700

●09年5月発表時の対象機種
HP Compaq 6720s Notebook PC
HP Pavilion Notebook PC dv2405
HP Pavilion Notebook PC dv2605
HP Pavilion Notebook PC dv6200
HP Pavilion Notebook PC dv6205
HP Pavilion Notebook PC dv6500
HP Pavilion Notebook PC dv9500
HP G7000 Notebook PC

 日本未発売の機種については「HP Pavilion Notebook PC dv2000/dv2500/dv2700/dv6000/dv9000」「HP G6000 Notebook PC」「HP Pavilion Notebook PC dx6000/dx6500/dx6700」「Compaq Presario A900/C700/F500/F700 Notebook PC」「Compaq Presario V3000/V3500/V3700/V6000/V6500/V6700 Notebook PC」が該当する。

 所有するPCが該当機種だった場合にはバッテリパックに貼られたバーコード番号で回収対象バッテリかを確かめることができる。

 バーコード番号が「CT:62940」「CT:65000」「CT:65033」「CT:65035」「CT:67059」で始まるバッテリーが回収対象で、専用サイトで詳細を確認できる。これ以外の番号は対象外。また、該当する番号バッテリもすべてが回収対象になるわけではないため、日本HPでは専用サイトで正しく確認するよう勧めている。確認の結果、バッテリが該当すると判明した場合には、専用サイトから申し込めば、7-10営業日で交換バッテリをユーザーの手元に届ける。