ソニー、レンズ交換式デジタルビデオカメラを開発、秋に商品化へ

ニュース

2010/05/12 18:54

 ソニーは、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式ハイビジョンビデオカメラの開発すると発表した。2010年秋の商品化を目指す。

ソニーが開発中のレンズ交換式デジタルビデオカメラ

 開発中のビデオカメラは、6月に発売するレンズ交換式デジタルカメラ「NEX-5」「NEX-3」と同じCMOSセンサー「Exmor APS HD CMOSセンサー」を搭載。動画記録方式はAVCHDに対応する。

 レンズマウントは、「NEX-5」「NEX-3」が採用する「Eマウント」に対応。アダプタを介することで、デジタル一眼レフカメラ「α(アルファ)」の交換レンズも使うことができる。

 センサー画素数やオートフォーカス機能などの詳細は未定。ソニーは商品化時期を目指して、具体的な性能や機能について、さらに詰めていくとしている。

オススメの記事