ドコモなど6社、携帯向け新アプリケーションプラットフォームを共同開発

ニュース

2010/04/26 17:45

 NTTドコモ、ルネサス エレクトロニクス、富士通NECパナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社は、4月26日、Linux OSとSymbian OSの両方に対応した新たなアプリケーションプラットフォーム(AP-PF)を共同開発すると発表した。

 2011年度後半に発売予定の携帯電話への搭載を目標に、メーカー4社の携帯電話に共通して搭載可能なSymbian OS、Linux OS対応のAP-PFの開発を目指す。携帯電話メーカー4社は、これによって携帯電話のアプリケーション処理で基本機能の独自開発が不要になる。開発期間の短縮や開発コストの低減が可能となり、独自機能の開発に注力できるとしている。

 新たに開発するAP-PFは、6社の携帯電話開発のノウハウを融合し、アプリケーション処理能力の高速化による動画処理機能の向上や、3Dグラフィック処理機能の拡充によってマルチメディア機能を強化する。国内だけではなく、全世界の携帯電話市場に提供を予定しており、AP-PFのAndroidなどのオープンOSへの対応も検討していく。

アプリケーションプラットフォーム イメージ図

オススメの記事