シャープ、「ブルーレイ内蔵 LED AQUOS」公開、今後の外付けHDD対応を示唆

ニュース

2010/04/23 15:42

 シャープは4月22日、録画対応テレビ「ブルーレイ内蔵 AQUOS」DXシリーズの「ブルーレイ内蔵 LED AQUOS」を報道陣に公開した。5月20日から順次発売する。

 バックライトにLEDを採用し、省エネ性能強化と高画質化を図ったことに加え、アクオスとして初めてUSB端子を搭載。将来、外付けHDDでの録画に対応する可能性があることを示唆した。また、ネットサービスの強化を図り、パソコンでネットを利用しない人など、新たな需要の開拓に意欲を示している。

 「ブルーレイ内蔵 AQUOS」は、井手岡完治AVシステム事業本部液晶デジタルシステム第1事業部商品企画部副参事が「レンタルDVDやBDを簡単に再生できる利点を中心に訴求してきた」というように、BDメディアのみの録画対応にこだわってきた。しかし同社は、今回USB端子を設けることで、静止画と音楽ファイルの再生に対応した。さらに他メーカーが、HDD内蔵や外付けHDD対応に力を入れているほか、市場全体での録画対応機の存在感が高まっていることから、今後の製品で「外付けHDDの録画に対応していく可能性は大きい」(井手岡副参事)と示唆。さらに、HDDを内蔵することも視野に入れている。 

テレビ向けネットサービスで、通販カタログサイトや、ネットスーパー、VODサービスにも対応する

 ネットサービスの強化については、パソコンを利用しない人々にネットの利便性を伝えるとともに、製品の付加価値として訴求していく。「ブルーレイ内蔵 AQUOS」は初代機から、レコーダーなしで録画ができることや配線が不要な手軽さから、年配者を中心に人気が高い。また、「最近は30-40代など、ユーザー層が幅広くなってきている」(井手岡副参事)という。こうしたユーザー層の拡大から、テレビ向けのネットコンテンツを拡充し、サービス強化を図ることで、ふだんパソコンを利用しない人々を掘り起こしていく。

 追加したネットサービスは、千趣会などの複数の通販カタログサイト「カタログデパート パラリー for AQUOS」、ネットスーパーポータルサイト「お届け.com」のネットショッピング系コンテンツ2つと、ビデオ・オン・デマンド(VOD)の動画配信サービス「T’s TV」の計3つ。

 「カタログデパート パラリー for AQUOS」は、凸版印刷のパソコン向けインターネットサービス「カタログデパート パラリー」を、シャープの技術と組み合わせてアクオス向けに提供するもの。ページを画面上でめくったり、拡大したりできる。商品の注文は電話対応だが、将来は注文から決済までテレビで完結できるようにする。

 「お届け.com」は、NEO BEATが運営するネットスーパーポータルサイト。参加するスーパーマーケットのなかから、利用したい店と商品を選んで注文すると、商品が配達される仕組みだ。参加しているスーパーは、現在「ユニー」「イズミヤ」「大近」の3社で、配達対応エリアは愛知、京都、大阪、兵庫。今後、参加店舗を拡大していく。

 動画配信サービスは、ブロードメディアのクラウドサービスを使って提供。セットトップボックスなしで利用できるビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスだ。レンタルショップを歩きながら選ぶユーザーインターフェースで、テレビのリモコン操作で映画やドラマなどを選んで視聴できる。まずベータ版を公開し、今夏から本格開始の予定。東芝の「REGZA(レグザ)Z1」シリーズにも提供する。

オススメの記事