パナソニック、薄型テレビ「ビエラ」でSkypeが楽しめる専用ウェブカメラ

ニュース

2010/04/21 18:47

 パナソニックは、プラズマテレビ「3D VERA(ビエラ)VT2」「ビエラ V2」などの同社製の薄型テレビをインターネットに接続して、インターネット電話サービスのSkypeが利用できるビエラ専用ウェブカメラ「TY-CC10W」を6月11日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万8000円前後の見込み。


TY-CC10W

 「3Dビエラ VT2」や「ビエラ V2」「ビエラ D2」と「TY-CC10W」をUSBで接続し、インターネットを通じてSkypeが利用できる。利用にあたっては、6月11日から提供する専用ソフトをテレビにファームアップする必要がある。

 これらの環境を備えたビエラ同士でSkypeを利用すれば、無料でテレビ電話ができる。Skypeが利用できるパソコンとの通話も可能。高性能カメラと四つのマイクを装備し、最大1280×720画素のハイビジョンに対応。同じ環境を備えたビエラ同士なら、離れて住む孫や家族、友人などと、ハイビジョンでビデオ通話が楽しめる。

 相手を呼び出すときには、リモコンの「らくらくアイコン」→「テレビでネット」→「Skype」を選択。画面案内に従って通話先を選ぶ。一方、相手からコールがあったときは、画面右下に表示する「Skype」の「S」のアイコンを選択すれば通話できる。

オススメの記事