NTTドコモは、「ケータイデータお預かりサービス」で預けられる画像などの容量を2GBに拡大するオプションサービス「お預かりプラス」を4月1日から開始する。


 「ケータイデータお預かりサービス」は、携帯電話の電話帳や画像・ブックマークなどをドコモの「お預かりセンター」にバックアップし、携帯電話を紛失したときや機種変更時などに保存データを復元できるサービス。機種によって預けられる項目が異なり、対応機種では一部項目の自動更新に対応する。

 「お預かりプラス」は、このサービスを利用してバックアップできるデータのうち、「画像・動画・メロディ」の保存容量を増やすオプション。通常は画像3009件、動画500件、メロディ500件の計100MBまでしか保存できないが、「お預かりプラス」を契約すれば、画像6000件、動画1000件、メロディ1000件の計2GBまで保存することができる。

 利用料は、「ケータイデータお預かりサービス」「お預かりプラス」ともに月額105円で、初回申し込みから30日間は無料。

 「お預かりプラス」の開始にあわせて、「ケータイデータお預かりサービス」を拡充。PC上でドコモの契約者向け総合サポートサイト「My docomo」にログインし、My docomo経由で画像や動画を「お預かりセンター」にアップロードできる機能を提供する。