パナソニックは、「VIERA(ビエラ)」の10.1型ポータブル地上デジタル液晶テレビとして、BDプレーヤー搭載の「DMP-BV200」と非搭載の「DMP-HV100」を4月23日に発売する。価格はオープン。実勢価格は「DMP-BV200」が9万円前後、「DMP-HV100」が6万5000円前後の見込み。

VIERA DMP-BV200

 解像度1024×600ドットの10.1型ワイド液晶を備えるポータブル地上デジタルテレビ。本体に4本のアンテナを内蔵する「4アンテナ ダイバーシティ システム」によって、アンテナケーブルを接続せずに好きなところで地デジを楽しめる。指向性の強いダイポールアンテナと無指向性のモノポールアンテナを組み合わせることで、感度を高めた。 

VIERA DMP-HV100

 ワンセグ放送にも対応。受信感度が悪く、地上デジタル放送が視聴できない場合は、自動的にワンセグ放送に切り替える機能を備える。

 SDXC対応のSDカードスロットを装備。SDカードを差し込むだけで、AVCHD/AVCHD Lite方式の動画と静止画を撮影日時順にスライドショー再生する「フォトフレームモード」を備える。動画と静止画をフル画面で表示するほか、時計やカレンダーを組み合わせて表示できる。

 「DMP-BV200」は、BDプレーヤーを本体に内蔵。付属のバッテリパックで、地上デジタル放送やBDの映像を最長約3時間30分視聴できる。カラーはシルバーとレッド。

 「DMP-HV100」は付属のバッテリパックで、地上デジタル放送を最長約2時間45分視聴できる。カラーはホワイト、ブラウン、オレンジ。