ラナ(鈴見純孝社長)は、イタリアのキャラクター「Rody(ロディ)」と、Twitterで話題の「粒谷区」とコラボレーションしたケータイストラップを、ロディ公式通販サイト「RodyStore」で3月15日から予約販売を開始した。価格は630円。

「粒谷区」とコラボレーションしたRodyの携帯ストラップ

 「粒谷区」は、ホフディランのボーカル小宮山雄飛氏がTwitterで「渋谷区と“つぶやく”も似てる」と発言したことをきっかけに生まれた架空の特別区。Twitterで「粒谷区」スタッフのアカウント「@2289staff」をフォローすると「粒谷区」に転入できるという設定で、すでに1万1000人以上のTwitterユーザーが「粒谷区」に転入している。

 今回発売したのは、「粒谷区」のロゴカラーであるパープルの「Rody」ケータイストラップ。粒谷区のロゴとアカウント名「2289」がボディに入っている。

 コラボレーションを記念して、「Rody×粒谷区オリジナルケータイフラッシュ待ち受け」のプレゼントキャンペーンを行う。RodyStore粒谷区商品ページトからQRコードを読み取ることでダウンロードできる。

 3月末からは東京都渋谷区のリアル店舗「JAMMYSTORE」でも販売する予定で、粒谷区民パスを持参すると5%オフになるサービスを実施する。