日本エイサー、フェラーリ公認の11.6型ノートPC第二弾、HDD容量を500GBに増量

ニュース

2010/03/15 12:01

 日本エイサーは、フェラーリ公認限定モデルの11.6型ノートPCの第二弾として、HDD容量を500GBに増量した「FO200-15」を3月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万2800円前後の見込み。

FO200-15

 フェラーリ公認の限定モデルは、同社が「Ferrari F1チーム」のオフィシャル・スポンサーを務めることから実現。きょう体をフェラーリのデザインチームと共同開発している。本体は鮮やかなフェラーリレッドで、天板中央にはフェラーリの「跳ね馬」のエンブレムをあしらった。きょう体背面の衝撃吸収ゴムには、レーシングカーのタイヤを模したデザインを施すなど、細部にまでこだわっている。

 フェラーリがサーキットを駆け抜けるレースシーンを切り取ったオリジナルのフェラーリ・スクリーンセーバーを内蔵するほか、起動時のサウンドに、フェラーリがサーキットを疾走しているようなエンジンサウンドを採用している。

 新モデルでは、従来320GBだったHDDを500GBにして、解像度1366×768ピクセルの11.6型ワイド液晶、CPUAMD Athlon 64 x 2 L310(1.2GHz)、4GBのメモリを搭載する。OSはWindows 7 Home Premiumの64bit版。

 SDカード、マルチメディアカード、メモリースティック/同 PRO、xDピクチャーカードに対応するマルチカードスロット、30万画素のWebカメラを備える。通信機能は、IEEE802.11 b/g/nドラフト2.0対応の無線LANBluetooth2.1+EDRを装備。バッテリ駆動時間は5時間で、省電力モード時は7時間。本体サイズは幅285×奥行き204×厚さ24-30mm、重さ1.5kg。

オススメの記事