HOYAブースには、カメラ本体20色とグリップ5色のバリエーションを組み合わせることができるデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-x」の全100スタイルがずらり。

「PENTAX K-x」の全100スタイルを堂々展示!

 イベント会場では写真家・色評価士の小林宗正さんが、有効約1460万画素のハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」を使いこなすためのノウハウと、撮影した写真をプリントするまでの手順を来場者にわかりやすく伝えていた。

撮影時のカメラの設定からわかりやすく教えてくれる

 コンパクトデジタルカメラの展示では、一眼レフ風デザインの「PENTAX Optio I-10」の、登録したペットが正面を向いたときに自動でシャッターを切る「ペット検出機能」を、猫の写真を使って体感できる。

レトロな雰囲気の「PENTAX Optio I-10」

写真の猫の顔を認識