最新デジカメ・機器の祭典「CP+2010」 ソニー、レンズ交換式デジカメ参考出品

ニュース

2010/03/11 15:01

 ソニーのブースでは、2010年内に発売を予定するレンズ交換式デジタルカメラデジタル一眼レフカメラ「α(アルファ)」の新機種のコンセプトモデルを国内で初めて展示している。

CP+のソニーブース

 レンズ交換式デジタルカメラは、新たに開発するAPSサイズのCMOSセンサーを採用し、AVCHD規格でのフルハイビジョン(フルHD)動画撮影機能を搭載する。「価格や重さでコンパクトから一眼レフに踏み出せない人」(今村晶志・業務執行役員SVPパーソナルイメージング&サウンド事業本部本部長)をターゲットにした機種で、ユーザーインターフェースは大型液晶画面と操作ダイヤルを採用し「使いやすさを追求した」(今村本部長)という。 

「α」ブランドで発売するレンズ交換式の小型デジタルカメラ

 具体的な発売時期や価格は未定だが、「α」ブランドのカメラとして発売する。レンズマウントの詳細も非公開だが、今村本部長は「大きなレンズ交換の可能性を追求する」として、「α」のレンズ群との互換性を視野に入れていることを明らかにした。

 また、ブースでは短焦点レンズと標準ズームレンズを付けたレンズ交換式デジカメの発泡樹脂製モックアップ2種類を陳列。来場者が実際にその重さを体験できるようにしている。ただし、具体的な重さについては非公開としている。 

ソニーブースにあるレンズ交換式の小型デジタルカメラの重さが体験できるモックアップ。

 一方、デジタル一眼レフ「α」は、初心者向けを想定したメインストリーム機と中級機の開発を進めており、このラインアップのなかから数機種を2010年内に発売する。 

開発中の「α」の中級機(手前)とメインストリーム機のモックアップ

 メインストリーム機は、撮像機能の強化・充実とシャッタースピードなどの高速化を図る。中級機は、撮像素子や画像処理回路などの「ソニーらしい映像表現力」(今村本部長)を強化する。2機種とも、AVCHDに対応した動画機能を搭載する予定だ。また、同じく2010年内に発売を予定している500mm/F4の超望遠Gレンズや「Distagon T* 24mm F2 ZA SSM」の交換レンズも展示している。 

参考出品された500mmの超望遠Gレンズ

 このほか、フルハイビジョン撮影対応のコンパクトな縦型ビデオカメラ「bloggie(ブロギー)」の展示や、コンパクトデジカメのCybershot「TX7」と「HX5V」に搭載されている近接無線転送技術「TransferJet(トランスファージェット)」のデモコーナーを設けている。 

TransferJetのコーナーではデジカメからデジタルフォトフレームへの画像転送をデモ

 ブース内にはミニサッカーコートを設置し、「ミスマガジン」をはじめとする芸能人女子フットサルプレーヤーがゲームをする姿をサイバーショットやαで撮影できる体験コーナーもあり、多くの人が訪れていた。

芸能人女子フットサルプレーヤーを撮影できる体験コーナー

オススメの記事