富士フイルムは、光学式30倍マニュアルズームレンズと、新開発の「5軸手ブレ補正」機能を搭載したデジタルカメラ「FinePix HS10」を4月17日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

FinePix HS10

 超広角24mmから超望遠720mmまで、幅広い撮影領域をカバーするフジノン光学式30倍光学式マニュアルズームレンズを世界で初めて搭載。ズーミングは、一眼レフカメラのようにズームリングを手動で操作することで、瞬時に画角を設定できる。

 マルチフレーム技術による手ブレ補正を採用し、従来のジャイロセンサーによる縦回転(ピッチ方向)・横回転(ヨー方向)に、垂直(上下シフト)・水平(左右シフト)・光軸回転(ロール方向)を加えた「5軸手ブレ補正」を搭載。従来のCMOSシフト式の手ブレ補正機能と高感度とあわせ、あらゆるシーンで手ブレ・被写体ブレを抑える。

 イメージセンサーには、有効1030万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。最速10コマ/秒の高速連写や最速1000コマ/秒のハイスピード動画撮影、ステレオ音声付きのフルハイビジョン動画撮影に対応する。

 このほか、5枚の連写した画像を重ね合わせて移動している被写体を検出し、自動で取り除く世界初の機能「動体キャンセル」や、動く被写体を高速連写し、被写体の連続した動きを1枚の画像に合成する「動体キャッチ」など、多彩な機能を備える。

 液晶モニタは、撮影アングルによって角度が変えられる3.0型マルチアングル液晶を採用。記録メディアはSDHC/SDメモリカードで、約46MBの内蔵メモリを備える。電源は単3形電池4本。サイズは幅130.6×高さ90.7×奥行き126mm、本体のみの重さは約636g。