ソフトバンクM、最薄のサイクロイド型ケータイ、ケータイWi-Fiに対応

ニュース

2010/03/03 17:17

 ソフトバンクモバイルは、サイクロイドスタイルで最も薄いシャープ製のAQUOSケータイ「SoftBank 943SH」を、3月5日に発売する。価格はオープン。新規契約で24回払いの新スーパーボーナスを利用した場合、実質の合計負担額は4万320円。

SoftBank 943SH

 ディスプレイを横向きに倒せるサイクロイドスタイル史上最薄のスリムボディに、LEDバックライトを採用する854×480ドットの3.4型フルワイド液晶を備える。2009年2月発売の「SoftBank 932SH」と比較して、最大輝度が33%アップした。

 無線LANで最大54Mbpsの高速パケット通信ができる新サービス「ケータイWi-Fi」に対応。専用サイト「ケータイWi-Fiチャンネル」から、映画・ドラマ・お笑いなどの動画、新聞・雑誌など、さまざまな大容量コンテンツを快適に楽しめる。

 ワンセグチューナーを2基内蔵し、二つの番組を同時に表示。裏番組のタイトルやサムネイルを一覧表示する「裏番組表」に対応し、裏番組録画や2番組同時録画ができる。

 有効800万画素のCCDカメラを搭載。画像処理エンジン「ProPix」との組み合わせによってノイズを低減し、暗い場所でもキレイな写真を撮影できる。あらかじめ登録した人の顔を認識してピントを合わせ、名前などを表示する「個人検出機能」や、自動でおすすめのアルバムを作成する「おまかせアルバム」などの機能を備える。

 十字キーから指を離さずに操作ができる「ベクターパッド」を搭載。待受画面などでパッドをぐるりとなぞることで、おすすめの操作メニューを表示する「スピンぐるメニュー」に対応するなど、操作性にもこだわった。

 外部メモリはmicroSDHCカードに対応。折りたたみ時の本体サイズは幅51×高さ112×薄さ17.5-18.6mm、重さ138g。カラーはラピスブルー、ブラック、レッド、ホワイト。

オススメの記事