パナソニックは、ミニコンポ「D-dock(ディー・ドック)」の新製品として、iPod/iPhoneに対応する2モデルを3月12日に発売する。価格はオープン。実勢価格は、Bluetooth搭載の「SC-HC40」が4万円前後、非対応の「SC-HC30」が3万円前後の見込み。

 2機種ともにiPod/iPhone専用端子を搭載。iPod/iPhoneの音楽の再生や充電ができる。iPod/iPhoneは前面の電動式スライドパネルを開いて内部に収納する。

D-dock SC-HC40

 スピーカーの振動板に密度を従来比4倍に高めた新竹繊維素材を採用した。剛性が向上したことで、明瞭でキレのあるボーカルを再現することができる。また、振動板をエッジに差し込む「インサートゴムエッジ」が音の歪みを低減し、自然な高音を再生する。

D-dock SC-HC30

 スピーカーキャビネットの前後にパッシブラジエーターを向かい合わせで配置。互いの振動反作用を打ち消してキャビネットの振動を抑え、くっきりと聞きやすいボーカルを再現する。

 「SC-HC40」は、ネオジウムマグネットを追加搭載したダブルマグネット構造と銅ショートリングを採用。スピーカーの駆動能力を高めるとともに、歪みを低減することで、躍動感あふれる豊かな低音を再生する。

 Bluetoothに対応し、音楽を本体にワイヤレス伝送しながらiPod touch/iPhoneでインターネットをしたり、写真を見たりできる。iPhoneを本体にドッキングして音楽を聴いている途中でも、着信を音でお知らせ。内蔵マイクとスピーカーを使ってハンズフリー応答ができる。もちろん、Bluetooth対応の携帯電話からも音楽をワイヤレスで楽しめる。

 ともに、アンプ部の実用最大出力は20W+20W。本体サイズは幅500×高さ201×奥行き102mm。カラーは「SC-HC40」がゴールド、ブラック、ピンク、「SC-HC30」がシルバー、ブラック、ピンク。