情報処理推進機構(IPA)は、2月26日、誰でも無償で利用できる高品位日本語フォント「IPAフォント」の新シリーズ「IPAexフォント(アイピーエーイーエックス フォント)」を公開した。

 IPAフォントは、基本ソフトなど、プラットフォームの種類を問わず、多様な情報機器で共通して利用することができ、どの環境でも同じ形状の文字の表示・印刷ができる高品位な日本語フォント。2007年10月に一般公開を開始した。

 従来のIPAフォントでは、文字送りについて、「固定幅」のものと「プロポーショナル(変動幅)」のものとを別のフォントとして分離し、欧文文字、和文文字ともに固定幅の「IPA明朝」「IPAゴシック」、欧文文字、和文文字ともに変動幅の「IPA P明朝」「IPA Pゴシック」の計4種類のフォントを提供していた。

 新シリーズ「IPAexフォント」では、日本語文書を作成する際の利便性向上のため、新たに固定幅と変動幅を一つのフォントに統合した「IPAex明朝」「IPAexゴシック」を開発。和文文字(仮名、約モノ、漢字)は固定幅で、欧文文字は文字幅に合わせた幅(変動幅)を基本とし、文字に応じてフォントを使い分けるわずらわしさを解消した。

 従来の「IPAフォント」シリーズについても、利用者の意見を反映したバージョンアップ版「IPAフォント(Ver.003.02)」を公開。旧版の利用者から指摘のあった不具合の修正や、欧文と数字を判別しやすくする文字デザインの変更などを行っている。

 どちらも、Webサイト「OSS iPedia」からダウンロードできる。利用には、オープンソースライセンス「IPAフォントライセンス v1.0」の承諾が必要。同ライセンスを継承することを条件に、フォントファイルを複製、再配布、改変することができる。

「IPAexフォント」の印刷見本