パナソニックは、デジタル一眼レフ規格「マイクロフォーサーズ」に準拠したレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-GF1」の新色2モデルを3月12日に発売する。価格はすべてオープン。

LUMIX DMC-GF1のフェアリーピンク(左)とブレードシルバー

 新色は、金属色の「ブレードシルバー」と、桜の季節をイメージした「フェアリーピンク」。既存のシェルホワイト、アーバンレッド、エスプリブラックのモデルと合わせ、5色となる。

 「GF1」は、AVCHD Lite方式によるハイビジョン動画の撮影が可能。フルタイムのライブビュー機能やオート撮影機能「おまかせiA機能」などを搭載する。サイズは幅119×高さ71mm×奥行き36.3mm、本体のみの重さは285g。

 実勢価格は、ボディと単焦点レンズ「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」のセット「DMC-GF1Cレンズキット」と、ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」とのセット「DMC-GF1Kレンズキット」がともに9万円前後、ボディのみが7万円前後の見通し。