ソニーは、電気配線を使わずにテレビなど内部でデータを高速に伝送する世界初の技術「機器内高速ワイヤレス伝送技術」を開発したと発表した。

機器内高速ワイヤレス伝送技術のイメージ

 新技術はミリ波によるワイヤレス伝送を採用。ミリ波は周波数が30-300GHz、波長が1-10mmの電波で、周波数が高く高速データ伝送が可能で、小さなアンテナで無線の伝送ができるのが特徴。

 ソニーは、ミリ波に通信・放送分野の商品開発で蓄積してきた高周波技術を応用。具体的には、低消費電力のミリ波伝送回路を0.13平方ミリメートルという小面積で40nm(ナノメートル)CMOS-LSI上に搭載。約1mmの小型アンテナを用いて、14mmの距離で11Gbpsの高速伝送を実現した。

 新技術を使うことで、テレビなどのデジタル機器内の回路間データ伝送用の配線数を削減し、ICの小型化やICパッケージと配線基板の簡素化が可能なる。また、非接触伝送の特長を生かすことで、機器の可動部や着脱部の耐久性能などの信頼性を向上させることができる。