高電社は、マイクロソフトの新OS「Windows 7」の中国語版7製品と韓国語版3製品を、同社の直販サイトで発売した。

中国語 簡体字版 Windows 7 Professional

 ラインアップと価格は、「中国語 簡体字版」の「 Windows 7 Home Basic」が3万1500円、「Home Premium」が3万5700円、「Professional」が4万8300円、「Ultimate」が6万3000円、「中国語 繁体字版」の「Windows 7 Home Premium」が3万5700円、「Professional」が4万6200円、「Ultimate」が5万6700円。「韓国語版」の「Windows 7 Home Premium」が2万9400円、「Professional」が3万5700円、「Ultimate」が4万2000円。

 直販サイトでは、「中国語 簡体字版 Windows 7 Professional」をプリインストールした日本ヒューレット・パッカード製のデスクトップPCを販売中。AMD Sempron 150(2.70GHz)のCPU、1GBのメモリ、160GBのHDDなどを搭載する。価格は9万9800円。購入者には、数量限定で17型液晶モニタをプレゼントする。

 このほか、日本語版と海外版Windowsの両方を1台のPCにインストールし、起動時にいずれかを選択するPCの調達サービスを提供する。