2010年が始まって1か月が経った。2009年のデジタル一眼市場は、オリンパスやパナソニックが採用するデジタル一眼規格「マイクロフォーサーズ」の拡大や、正確にはデジタル一眼レフではないが、リコーのユニット交換式デジカメ「GXR」の登場、動画撮影機能の浸透などが話題となった。2010年はどんな製品・機能が注目を集めるのか。今年1年を占う2010年最初のデジタル一眼の売れ筋ランキングトップ10を紹介しよう。なお、カラーバリエーションや付属レンズなどの違いは合算して集計した。

デジタル一眼カメラ シリーズ別ランキング 2010年1月
順位 メーカー名 型番・シリーズ名 画素数(万画素) 販売台数シェア(%)
1 キヤノン EOS Kiss X3 1510 17.4
2 ニコン D5000 1230 12.3
3 ニコン D90 1230 10.6
4 パナソニック LUMIX GF1 1210 8.0
5 HOYA PENTAX K-x 1240 7.9
6 キヤノン EOS Kiss X2 1220 7.7
7 ニコン D3000 1020 4.6
8 パナソニック LUMIX G1 1210 5.2
9 キヤノン EOS 7D 1800 4.0
10 HOYA PENTAX K-7 1460 2.4

「BCNランキング」 2010年1月 月次 <最大パネル>



 2010年1月のシリーズ別・販売台数シェアで1位を獲得したのは、キヤノン「EOS Kiss X3」で、17.4%。シェア20%以上を維持し続けた2009年後半に比べると、多少占有率は落ちたものの、8か月連続の首位獲得となった。2010年は、後継機の登場に期待がかかる。

EOS Kiss X3

 2位と3位には、ニコン製品がランクインした。シェア12.3%のエントリー機「D5000」は、5か月連続での2位。3位は「D90」で10.6%だった。

D90

 2009年10月に発売して以降、徐々に順位を上げ、12月についにトップ3入りを果たしたHOYAの「PENTAX K-x」は、シェア7.9%で5位という結果だった。

PENTAX K-x

 また、2009年12月に初登場で9位にランクインしたオリンパスのマイクロフォーサーズ機第2弾「OLYMPUS PEN E-P2」だが、残念ながら今回はトップ10入りを果たすことはできなかった。しかし、2.2%で11位と、一定の強さを維持している。

 3月5日には第3弾のエントリーモデル「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」が登場する。「鮮やかさ」「色合い」「明るさ」「ボケ具合」「動感」を、アイコンを選んでメニューバーで操作するだけで、専門知識がなくても一眼ならではの表現で撮影できる、新しいユーザーインターフェイスを採用したのが特徴。また、一眼初心者の使いやすさを考えて、「OLYMPUS PEN」シリーズで初めてフラッシュを内蔵した。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1

 レンズだけでなく、撮像素子や画像処理エンジンごと交換する「ユニット交換式」という新たなジャンルで注目を集めるリコーの「GXR」は、0.5%で23位だった。

GXR

 多少の順位変動はあるものの、依然として存在感を示しているマイクロフォーサーズなどの「第三勢力」。2010年は「第三勢力」がどこまで2強のキヤノン、ニコンに迫るのか、各社の新製品の動向に注目が集まる。(BCN・武井美野里)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで127品目を対象としています。