リコーは、35mmフィルム換算で28-300mm、光学10.7倍の広角・高倍率ズームを搭載し、暗いシーンでの撮影性能を向上したコンパクトデジタルカメラ「CX3(シーエックス・スリー)」を2月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円台半ばの見込み。

CX3(ブラック)

 裏面照射型CMOSセンサーと、同社の高級コンパクトデジカメ「GR DIGITAL III」と同じアルゴリズムのノイズリダクション機能を搭載し、暗いシーンの撮影で画質を向上させた。CMOSセンサーから出力した信号にいち早くノイズ処理を行うことで、解像感や階調特性、彩度をそのままにノイズを低減することができる。

 新たに、カメラを被写体に向けるだけで、最適な撮影設定に切り替わる「シーンオートモード」を搭載。シーンモードは13種類を用意し、撮影時にペットを驚かさないよう、フラッシュ、AF補助光、操作音をオフにする「ペットモード」を新たに追加した。また、人の目で見た印象と近い画像を記録する「ダイナミックレンジダブルショットモード」で、拡大効果の詳細設定が可能になった。どの領域の輝度を優先するかをハイライト、シャドー、OFFから選択できる。

 本体カラーは、ブラック、すみれ、ツートン(ライトグレー×ピンク)の3色。有効画素数は約1000万で、1280×720画素のHD動画撮影機能を備える。記録媒体はSDメモリカード、SDHCメモリカードと内蔵メモリ(約88MB)。サイズは幅101.5mm×高さ58.3mm×奥行き29.4mm、重さは本体のみで約185g、付属電池とSDメモリカード込みで約206g。