パナソニック、AVCHD Lite対応、超解像技術採用のコンデジ「LUMIX」3機種

ニュース

2010/01/27 17:25

 パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX(ルミックス)」の新製品として、光学12倍ズームを備える「DMC-TZ10」、8倍ズームの「DMC-ZX3」、防水・防塵性能などにすぐれた「DMC-FT2」の3機種を、2月19日から順次発売する。価格はオープン。

 すべてのモデルが総画素数1450万画素の1/2.33型CCDを採用。ハイビジョン動画記録フォーマット「AVCHD Lite」に対応し、解像度1280×720ピクセルのハイビジョン画質で長時間の動画撮影ができる。

 また、画像を分析して特徴を抽出する超解像技術を採用。画像をエッジ部、ディティール部、グラデーション部の三つに分離して、画像に合った最適な解像感に補正する。さらに、ゆっくりとした動きによる手ブレの検知精度が進化した「新・手ブレ補正」機能を備え、夜景や暗い室内などのシーンもきれいに撮影ができる。

DMC-TZ10

 「DMC-TZ10」は、35mmフィルム換算で25-300mmの光学12倍ズームを備えるのが特徴。GPS機能で、地名情報の撮影画面への表示や記録ができるなど、旅行などに便利な機能が充実している。

 液晶は3.0型。内蔵メモリは15MBで、SD/SDHC/SDXCメモリカードに対応。本体サイズは幅103.3×奥行き32.6×高59.6mmさ、重さ196g。カラーは、ゴールド、ブラック、レッド、シルバーの4色。実勢価格は4万7000円前後の見込み。3月5日発売予定。

DMC-ZX3

 「DMC-ZX3」は、35mmフィルム換算で25-200mmの光学8倍ズーム、2.7型の液晶を装備するスタンダードモデル。内蔵メモリは40MBで、SD/SDHC/SDXCメモリカードに対応。本体サイズは幅97.8×奥行き26×高さ54.8mm、重さ137g。カラーは、ゴールド、シルバー、ブラウン、レッドの4色を用意する。実勢価格は4万3000円前後の見込み。2月19日発売予定。

DMC-FT2

 「DMC-FT2」は、水深10mまでの防水構造、防塵構造、氷点下1度の耐低温構造が特徴で、ビーチや雪山など幅広いシーンで活躍する。シーンに合わせて最適なホワイトバランスや露出設定をプリセットする「ビーチ&サーフ」「雪」「スポーツ」モードに対応。

 35mmフィルム換算で28-128mmの光学4.6倍ズームと、2.7型液晶を採用。内蔵メモリは40MBで、SD/SDHC/SDXCメモリカードに対応。本体サイズは幅99.3×奥行き24.3×高さ63.1、重さ167g。カラーは、スプラッシュブルー、ソリッドシルバー、サンライズオレンジの3色。実勢価格は4万7000円前後の見込み。3月5日発売予定。

オススメの記事