東芝、「スカパー!かんたん予約連動」機能を搭載したエントリー向けレコーダー

ニュース

2010/01/22 11:37

 東芝は1月21日、HDD-DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」の新製品として、高精細で見やすい電子番組表を搭載したエントリーモデル2機種を、2月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は、HDD容量1TB(1000GB)の大容量モデル「RD-E1005K」が6万円前後、320GBの「RD-E305K」が5万円前後の見込み。

1TBモデル「RD-E1005K」

 従来機「RD-E304K」に比べ、番組情報量を文字数換算で約2.8倍多く表示でき、文字も見やすくなった電子番組表を採用。タテ表示、ヨコ表示ともに高精細表示に対応し、タテ表示なら、文字サイズも5段階で切り替えられる。

 また、エントリーモデルとして初めて、スカパー!チューナー、CATVチューナーの予約・制御ができる「スカパー!かんたん予約連動」機能と「CATV連動」機能を搭載。インターネットを通して「スカパー!」やケーブルテレビ等で放送されている専門チャンネルの番組情報を取得し、予約録画することができる。

 チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを1基ずつ搭載。同社製液晶テレビ「レグザ」と簡単に連携できる機能「レグザリンク」に対応する。本体サイズは幅43×奥行き25.3×高さ6.7cm、カラーはブラック。

オススメの記事