キヤノン、タッチパネルを搭載したデジタルビデオカメラ新製品

ニュース

2010/01/14 15:53

 キヤノンは、フルハイビジョン映像をフラッシュメモリに記録するデジタルビデオカメラ「iVIS(アイビス)」シリーズの新製品として、2.7型タッチパネル液晶を搭載した「iVIS HF M31」を2月中旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は10万円前後の見込み。

iVIS HF M31

 同社のビデオカメラで初めてタッチパネル方式を採用。動いている被写体に触れてピントや露出を合わせ続ける「タッチ追尾」や、触れた被写体に素早くピントを合わせて撮影する「タッチフォーカス」など、画面に触れるだけでさまざまな操作ができる。

 約389万画素の1/4型フルHD CMOSと光学15倍ズームレンズを搭載。2009年8月発売の従来機種「iVIS HF21」の基本性能を引き継ぐとともに、望遠側での手ブレ抑制に効果のある「パワードIS」を新たに搭載するなど、光学式手ブレ補正やオート機能を進化させた。

 また、31通りの中から撮影シーンを自動的に判別して最適な画像処理を行う「こだわりオート」を搭載。美しい映像を簡単に撮影できる。

 動画記録モードは、AVCHD規格準拠(ハイプロファイル対応)、動画圧縮方法はMPEG-4 AVC/H.264規格準拠。記録メディアは、32GBの内蔵メモリとSD/SDHCメモリカード

 グリップベルト以外の最大突起含む本体サイズは、幅約68×高さ約60×奥行き約123mm。重さは約320g。本体カラーは、シルバーとレッドの2色。

オススメの記事