カシオ計算機は、電子辞書「エクスワード」シリーズから、韓国語やロシア語など本格的な外国語辞典を収録した7機種を、1月22日から順次発売する。価格はすべてオープン。

XD-A7600(韓国語)

 ラインアップは、ロシア語の「XD-A7700」、韓国語の「XD-A7600」、スペイン語の「XD-A7500」、イタリア語の「XD-A7400」、中国語の「XD-A7300」、フランス語の「XD-A7200」、ドイツ語の「XD-A7100」。実勢価格はすべて4万3000円前後の見込み。

 充実した各言語のコンテンツが特徴。例えば、韓国語の「XD-A7600」が「朝鮮語辞典」に加え「旅の指さし会話帳 韓国語」などを収録し、言語学習のほか、旅行やビジネスにも役に立つ。

 さらに、英単語約10万語のネイティブ発音再生機能を搭載するほか、「新TOEICテストスコアアップ」や「英語発音クリニック」など、英語学習用のコンテンツを数多く収録した。文学コンテンツは、「世界文学100作品」や「日本文学300作品」など。

 2月下旬からは、医学系のコンテンツを収録した2機種を順次発売する。価格はともにオープン。ラインアップと実勢価格は、80のコンテンツを収録した「XD-A5900MED」が8万円前後、73コンテンツ収録の「XD-A5700MED」が7万円前後の見込み。いずれも、「明鏡国語辞典」のほか、約400例文を集めた「医療の英会話」など医学専用のコンテンツを収録する。

 全機種に、カラー表示で約150時間の電池寿命を実現した「Blanview」液晶を装備。白地の画面に、文字やカラー図表などをはっきり表示する。メモを貼る「カラー付箋」や、画面に直接書き込む「カラーノート」など、辞書画面で活用できる学習支援機能を搭載する。