デル、ノートPC「Studio 15」「Alienware」でインテルの最新CPUに対応

ニュース

2010/01/08 19:42

 デルは1月8日、15.6型ノートPC「Studio 15」、ゲーミングノートPC「Alienware M15x」に、インテルの最新CPU、Core i5/i7を搭載して販売すると発表した。

Studio 15

 「Studio 15」は、解像度1366×768ピクセルの15.6型ワイド液晶を搭載したノートPCCPUメモリ、HDD容量をカスタマイズできる製品で、新たなCPUのオプションとして、Core i5-520M(2.4GHz)、Core i5-540M(2.53GHz)、Core i7-620M(2.66GHz)を加えた。

 直販サイトで、Core i5-520Mを選択した場合の標準構成は、Core i5-520M、4GBメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、OSがWindows 7 Home Premium(64bit版)となり、価格は9万9979円。 

Alienware M15x

 一方、「Alienware M15x」は、解像度1600×900ピクセルの15.6型ワイド液晶を備えたゲーミングノートPC。現行モデルでは、クアッドコアCPUであるCore i7を採用していたが、より普及価格帯に近づけるために、新たなオプションとしてCore i5-540Mを用意。

 Core i5-540Mを選択した場合の最小構成は、GPUがGeForce GT 240M(512MB)、4GBメモリ、250GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、OSがWindows 7 Home Premium(64bit版)で、価格は14万9980円。

オススメの記事