ソニーは10月20日、デジタルフォトフレーム「S-Frame」シリーズの新製品として、9型の大画面液晶を搭載した「DPF-D92」や、フレーム部分をスワロフスキー社のクリスタルで装飾した7型「DPF-D72N(BQ)」、プリンタ機能を搭載した7型「DPP-F700」など5機種を11月6日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 「DPF-D92」は、7型の従来機種「DPF-D72」の性能を備えながら、大画面9型のクリアフォト液晶を搭載したモデル。新たにアラーム機能を追加したほか、USB端子を備え、別売りのBluetooth USBアダプタ「DPPA-BT1」を使用すれば、対応するパソコンや携帯電話などからワイヤレスで画像を転送できる。

DPF-D92

 解像度は800×480で、アスペクト比は15:9。約1GBのメモリを内蔵する。カラーはブラックとホワイト。実勢価格は2万2000円前後の見込み。

 7型「DPF-D72N(BQ)」は、スワロフスキー社のクリスタルをフロントパネルに施したモデル。一般的なデコレーションで使用されているものと比べて光の輝きが強い、裏面を立体型にカットしたクリスタルを採用した。また、フロントパネルに直接掘り込みを入れてクリスタルを埋め込んでいるので剥がれにくい。

DPF-D72N(BQ)

 解像度は800×480で、アスペクト比は16:10。約1GBのメモリを内蔵する。カラーはブラック。台数限定の販売で、実勢価格は1万9000円前後の見込み。

 また、「DPF-D72N(BQ)」と同じ仕様でシンプルなデザインの「DPF-D72N」も同時に発売する。カラーはブラックとホワイト。実勢価格は1万6000円前後の見込み。

DPF-D72N

 7型「DPP-F700」は、画面に再生したお気に入りの写真やスライドショー中の写真を、そのまま本体で印刷できるプリンタ機能を搭載した。

DPP-F700

 プリントしたい写真を選んで給紙トレイをセットし、印刷ボタンを押すだけでプリント可能。色にじみの少ない昇華型熱転写方式に、独自のラミネート加工技術「スーパーコート2」を採用することで、色あせしにくい写真を印刷できる。

 印刷時間は、Lサイズで約39秒、ポストカードサイズ(KGサイズ)で約45秒。日付プリント、インデックスプリント、カレンダー、証明写真、分割プリントなど、さまざまなプリントスタイルに対応する。液晶部は、フォトフレームとして使用する際もプリントする際も使いやすいよう、可動式を採用した。

 解像度は800×480で、アスペクト比は16:10。約1GBのメモリを内蔵する。プリント解像度は300×300dpi。カラーはホワイト。実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 そのほか、シンプルなデザインの7型「DPF-A72N」もラインアップする。解像度は480×234で、アスペクト比は16:10。約128MBの内蔵メモリを備える。カラーはブラック。実勢価格は1万2000円前後の見込み。

DPF-A72N

 すべて、一枚の写真を次々と表示する「シングル表示」、複数の写真を一緒に表示する「マルチ表示」、写真と現在時刻を表示する「時計表示」、日付・現在時刻・写真を表示する「カレンダー表示」を複数パターン搭載し、さまざまな用途に合わせてスライドショーを選ぶことが可能。また、縦横位置感知センサーを内蔵し、本体の置き方を変えるだけで、写真が自動で素早く回転する。

 外部メモリは、メモリースティック/同 デュオ、SD/SDHCカード、マルチメディアカード、xD-ピクチャーカードなどに対応する。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');