ヤマハは10月8日、iPodの音楽をワイヤレスで再生できるコンポーネントシステム「MCR-140」を11月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

MCR-140(ダークグレー)

 iPodに付属のトランスミッターを装着するだけで、サウンドをワイヤレス再生する独自技術「AirWired」を、ミニコンポとしてはじめて搭載する。音楽だけでなく、動画の音声もワイヤレスで伝送が可能。コンポの音声とiPodの映像のズレがほとんどないため、アプリやゲームもストレスなく楽しめる。

 また、本機の電源オン/オフやボリュームもiPodから調整できるので、iPodをリモコン感覚で使用可能。トランスミッターを装着したままiPodを本機にドッキングすれば、充電も行える。

 本体前面にUSBポートとステレオミニジャックを装備。USBメモリのほか、携帯電話やパソコンをケーブルでつなぎ、ダウンロードした曲も再生可能。CDやFMラジオにも対応している。

 音質面では、スピーカーキャビネット内の空気の振動を最大限に利用する、独自の重低音再生技術「Advanced YST Technology」を備え、コンパクトサイズながら、豊かな重低音を再生する。また、ワイヤレス技術「AirWired」は非圧縮デジタル音声通信のため、クリアで自然な音を再現できる。

 最大出力は15W+15W。ワイヤレス範囲は約10m。第5世代のiPod、iPod classic、iPod nano、iPod touchに対応する。本体サイズは幅180×高さ120×奥行き309mm、重さ3.6kg。カラーはダークグレーとホワイト。