ソニーは9月29日、同社のデジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新製品として、HDR画像の撮影や7コマ/秒の連写に対応した「α550」を10月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、ボディのみの実勢価格は9万5000円前後の見込み。

α550

 そのほか、標準ズームレンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」が付属する「α550ズームレンズキット」が10万前後、望遠ズームレンズ「DT 18-200mm F3.5-6.3」が付属する「α550高倍率ズームレンズキット」が14万円前後の見込み。

 撮像素子にAPS-Cサイズ(23.4×15.6mm)の有効1420万画素CMOSセンサー「Exmor」を搭載する。セル単位でノイズの発生を抑え、センサーからの出力時点でノイズを最少化して画像処理エンジン「BIONZ」に転送。高い解像感と階調表現を実現したほか、ISO感度12800までの高感度撮影に対応。ISO感度「AUTO」でも200-1600の広範囲で自動設定するため、手持ち撮影時の撮影性能が向上しているという。

 独自のデジタル画像処理機能「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」を搭載。1回のレリーズ操作で露出値の違う2枚の画像を撮影し、明暗の階調が最適になるように合成することで、明暗差が大きい光景でも人間の目で見た印象に近い再現が可能。撮影時は「オート」設定に加え、「露出差レベル設定」で最適化レベルを1.0-3.0EVの間で0.5EVごと、5段階で調整できる。

 ファインダー視野率は95%で、倍率は0.8倍。AF測距点は中央クロス9点。センサーシフト方式の手ブレ補正機構を備え、最高で4段分の補正効果が得られる。ライブビュー撮影にも対応し、約92.1万ドット表示、3.0型の液晶モニタを利用しての撮影も可能。液晶モニタは本体背面に対して上下90度の可動式で、撮影アングルを自由に調整できる。

 撮影時、ワンボタンで撮像素子からの映像信号を直接液晶モニタに映し出せる「マニュアルフォーカスチェックライブビュー」に対応し、レンズのフォーカスリングによるマニュアルフォーカスが可能なほか、背面のAFボタンによる位相差検出方式のピント合わせも可能。また、遠くの被写体を1.4倍もしくは2倍の大きさで撮影できる「スマートテレコンバーター」、被写体の笑顔を検知してシャッターを切る「スマイルシャッター」などの機能も備える。

 連写機能は、ファインダー撮影時で最高約5コマ/秒、ライブビュー撮影時で最高約4コマ/秒。また、新たに搭載した「速度優先連続撮影」モードを利用すれば、ファインダー/ライブビューを問わず、最高約7コマ/秒の高速連続撮影が可能。

 記録ファイル形式はJPEG/RAWで、記録媒体はメモリースティックPRO デュオ/同PRO-HG デュオおよびSD/SDHCカード。本体サイズは幅137×高さ104×奥行き84mmで、重さは599g。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');