G Data、「アンチウイルス 2010」が性能テストで最高評価を獲得

ニュース

2009/09/25 12:58

 G Data Softwareは9月24日、ダウンロード形式で提供するウイルス対策ソフト「G Dataアンチウイルス 2010」が、オーストリア・AV Comparatives orgによる09年8月度の「ウイルス対策ソフト性能テスト」において、最高評価「Advanced+」を獲得したと発表した。

 AV Comparatives orgは、オーストリアを拠点としている独立系のウイルスソフトテスト機関。今回のテストでは、世界的に知名度があり、高性能と認められた16社のウイルス対策ソフトの最新バージョンを対象に、ワーム、トロイの木馬、バックドア、ボットを含む合計156万2092種の検体による検出が行われた。その結果、「G Dataアンチウイルス 2010」は合計155万9051種の検出、99.8%の検出率で第1位、誤検出数も9件で第4位となった上で、最高評価「Advanced+」を獲得した。

 テスト結果による評価は、4段階に分かれ、検出率97-100%かつ誤検出数0-15のものを「Advanced+」、検出率97-100%かつ誤検出数16-100、または、検出率93-97%かつ誤検出数0-15のものを「Advanced」、検出率87-93%かつ誤検出数0-15、または、検出率93-97%かつ誤検出数16-100のものを「Standard」、上記以下の成績を「Tested」としている。

最高評価「Advanced+」のロゴ

オススメの記事