ワコムは9月24日、個人向けタブレットのブランド「Bamboo(バンブー)シリーズ」から、指によるマルチタッチとペンによる入力のどちらも使える新モデルを10月3日に発売すると発表した。ラインアップはエントリーモデルの「Bamboo」、5つのソフトが付属する中位モデル「Bamboo Fun」、ガイドブックを同梱した最上位モデル「Bamboo Art Master」の3種類。

ペン入力と指によるマルチタッチに対応するタブレットを発表

 製品発表会の場で山田正彦・代表取締役社長は「Pen&Touch(ペン・アンド・タッチ)」をコンセプトにした新シリーズの開発戦略を明らかにした。「ペンで描き、タッチで直感的に操作することが可能なため、新『Bambooシリーズ』では、単なる『ポインティングとクリック』の機能を超え、人間の感性に近い新しいユーザーインターフェイスのカテゴリを創造するのが目的」と語った。 

山田正彦・代表取締役社長

 「Bamboo」の1機種を除いた全機種はともに、ワンタッチで操作できるファンクションキーを4つ搭載し、設定はカスタマイズ可能。また、コードレスで電池が不要な筆圧ペンが付属する。鉛筆のように線の太さや濃淡を表現できるほか、消しゴム機能も搭載し、ペンをひっくり返せば書いたことをすぐに消せる。ペンにはサイドスイッチを2つ備え、スクロール/移動モードやマウスの右クリックに加え、ダブルクリックやショートカットキーも設定できる。対応OSはいずれも、Windows 7/Vista/XPのほか、Mac OS X 10.4以降。

付属する筆圧ペンには電池が不要

 「Bamboo」のラインアップと価格は、「CHT-460/K0」が9980円、ペンが付属しない「CTT-460/K0」が6980円。カラーはいずれもブラック。

 「Bamboo Fun」は、「Bamboo」に5つのソフトが付属する。ソフトの種類は、写真の加工ができる「Adobe Photoshop Elements 7 (Win)/6 (Mac)」、スケッチやペイントを楽しめる「Corel Painter Essentials 4 (Win/Mac)」、水彩画が作成できる「水彩 LITE (Win)」、被写体を自動補正できる「Photo Creator for Wacom (Win)」、動画編集ソフト「LoiLoScope plus for Wacom (Win)」。思いついたことをペンでメモや図にして書き込み、個性的なドキュメントを作成できる。

 ラインアップと価格は、サイズが248.2×176.1mmのスモールサイズがシルバー「CTH-461/S0」とホワイト「CTH-461/WO」でともに1万2980円。また、336.8×223.0mmのミディアムサイズは、シルバー「CTH-661/S0」とホワイト「CTH-661/W0」でともに1万9980円。

 最上位モデル「Bamboo Art Master」は、「Bamboo Fun」のミディアムサイズに、お絵描きや写真加工の方法を解説するガイドブックを同梱したもの。ラインアップは「CTH-661/S2」のみで価格は2万980円。カラーはシルバー。 

大山和子・オペレーションズ統括プロダクトマーケティング部GM

 新モデルについて山田社長は「今回の製品は第1弾。今後も同じようにまったく新しいユーザーインターフェイス機器を提供していきたい」と意気込みを示した。また、大山和子・オペレーションズ統括プロダクトマーケティング部GMは、開発にあたり「PCやWebを当たり前のように使うユーザーをイメージし、彼らのライフスタイルにフィットする、人と人を繋いだり、コミュニケーションを促したりするツールを目指した」と述べた。

タブレットを使って画像に文字や絵を施すデモンストレーション

 会場では、「プライベート・シーン」と「ビジネス・シーン」に分けて、タブレットを実際にどのように使うのか、デモンストレーションが行われた。「プライベート・シーン」では、ユーザーがタブレットを軽やかに操作しながら例えば画像に文字や絵を施したり、加工した画像をブログに掲載したりした。また、「ビジネス・シーン」では、プレゼンテーションの場を想定し、パワーポイントのスライドにも直接の書き込みができるなど、多様な用途と使いやすさをアピールした。 

ビジネス・シーンにも活用
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111399');