マイクロソフトは9月24日、次期OS「Windows 7」のパッケージソフトの予約受付を9月25日に開始すると発表した。全国の家電量販店とオンラインショップで受け付ける。製品の発売はいずれも10月22日。

Windows 7(左からUltimate、Professional、Home Premium)

 「Your PC, Simplified あなたとPCに、シンプルな毎日を。」をコンセプトにする「Windows 7」。新たに、複数のPC間でファイルを共有できる「ホームグループ」や必要なファイルがすぐに見つかる「Windows サーチ」を備えるなど、使い勝手を高めたのが特徴だ。ラインアップは最上位エディションの「Ultimate」、ビジネスシーンで使える「Professional」、自宅向けの「Home Premium」、最下位「Starter」の4つ。製品購入後は、90日間の無料サポートが受けられる。

 予約受付の対象製品と税別の参考価格は、「Windows 7 Ultimate」の通常版が3万8800円、アップグレード版が2万6800円、「同 Professional」の通常版が3万7800円、アップグレード版が2万5800円、「同 Home Premium」の通常版が2万4800円、アップグレード版が1万5800円。

(左と中央)Windows 7発売記念優待パッケージ、(右)Windows 7 Home Premium アップグレード版ファミリー パック

 同社では併せて、優待版やエディションをアップグレードできるソフトの発売も発表した。6月に実施した優待キャンペーンの第2弾として、「Windows 7発売記念優待パッケージ」「Windows 7 Home Premium アップグレード版ファミリー パック」の2つを本数限定で発売する。

 「Windows 7発売記念優待パッケージ」は、同OSの発売を記念し、通常よりも安く販売するもの。ラインアップと税別の参考価格は、「Professional」が1万9999円、「Home Premium」が1万3999円。「Windows 7 Home Premium アップグレード版ファミリー パック」は、自宅のPCを3台までアップグレードできるもの。税別の参考価格は2万3999円で、このパックのみ予約受付の開始は10月18日。

Windows Anytime Upgrade

 さらにWindows 7では、エディションを下位から上位にアップグレードできるソフト「Windows Anytime Upgrade」を同時に発売する。使用しているPC環境を保ったままアップグレードでき、作業はウィザードに沿って進めるだけ。所要時間は約10分。ラインアップと税別の参考価格は、「Starter」から「Home Premium」へのアップグレードソフトが8800円、「Home Premium」から「Professional」が1万800円、「Home Premium」から「Ultimate」が1万6800円。

Windows 7 互換性情報サイト

 また同社は、PCや周辺機器、PCソフトなどのWindows 7対応製品を確認できる「Windows 7 互換性情報サイト」を9月24日に開設した。Windowsロゴ取得の有無や製品ジャンル、メーカー名など条件を絞り込んで検索することができる。

 マイクロソフトの堂山昌司・代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当は、「ユーザーからの声をフィードバック」「基本性能に注力、互換性を重視」「開発者の技術を引き出すプラットフォーム」「ユーザーが楽しんで使える」「日本市場に向けて最適化」の5つをポイントにWindwos 7を開発したと語った。

堂山昌司・代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');